読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ワン・イヤー・イン・ナミビア -365日のブログ-

2016年1月1日、人生初となる1年間まるまるナミビア暮らしが始まった。アフリカ大陸で過ごす1年間。青年海外協力隊としての活動や、今の自分を記録に残していくための1年間限定ブログ。

さくら舞い散る中に忘れた記憶と 君の声が戻ってくる

2017年5月1日、天気晴れ時々一時雷雨。

 

f:id:TPVC28-Namibia:20170501070623j:image

ブンヤセカンダリースクール、7Aの子たちは一学期の試験を終えて長いホリデーが始まった頃です。元気にしているかなぁ。

帰国してから早くも一ヶ月が経ちました。この一ヶ月、本当に色々なことがありました。2年ぶりの日本の教育現場は自分の予想していたものとはだいぶ異なる環境での復帰となり、手探りで今自分にできることに取り組む毎日をおくっています。ナミビアで経験してきたことが活かされているという実感は正直まだありませんが、なんか自分変わったのかも!と思うこともなくはありません。

それにしてももうすっかり日本の生活に慣れてしまいました。帰国直後は全てが新鮮で驚きっぱなしでしたが、それも今や日常に。当たり前のように満員の電車に乗って出勤をする朝にふと驚くことは今でもたまにあります。嬉しいようなさみしいような。任地ブンヤのまっすぐな並木道を左から昇ってくる朝日を浴びながら歩いて出勤していたあの頃が無性に恋しいです。まさか早くもナミビアに帰りたい!なんて思うようになるとは。まぁこんなこと書いてはいますが気持ちは前向き!いつだって今を精一杯生きるのみです。

 

f:id:TPVC28-Namibia:20170430175001j:image

さぁ前置きが長くなりましたが4月最後の週末は小旅行に出かけてきました。新幹線の車窓から見える田舎風景に癒されながら移動することおよそ2時間半。やって来たのは懐かしい場所、福島県は二本松です!

f:id:TPVC28-Namibia:20170430175537j:image

ここJICA二本松訓練所で候補生として派遣前訓練を受けていたのが今からちょうど2年前のことでした。ここで過ごした70日間はメインの語学勉強に加えて講話やセミナー、自分の大っ嫌いな予防注射に野外訓練などなどとにかく内容盛りだくさんでした!休みは土曜の夜と日曜のみというキツキツのスケジュールの中で勉強勉強の日々は正直キツかったわけですが、この70日間があったからこそナミビアでの1年9ヶ月を充実したものにすることができたことは間違いありません。改めて感謝です。そしてそんな厳しい訓練を乗り越えられたのはステキな仲間たちがいたから。世代、職種を超えた仲間たちとの出会いは70日間の何よりの宝物。彼らあっての70日間でした。本当に感謝感謝です。そんな想い出がいっぱい詰まったこの場所に2年ぶりに戻ってきました。懐かしい施設を見てグワーーーッと一気に思い出がフラッシュバック!!ウォーーー!!帰ってきたよーーー!!!!

 

f:id:TPVC28-Namibia:20170430181647j:image

現在2017年度1次隊として二本松で訓練に励んでいる候補生のみなさん。その中でナミビアに派遣される予定の4名にいろいろとお話をするために今回は先輩としてここに帰ってきました。いやー、まさか自分がこんな立場で二本松に早くも帰ってくるとは思ってませんでした。自分先輩なの!?と違和感しかありませんでしたが、ナミビアについてアレコレ語れてしまう自分は先輩なんだなーと気付かされました。現地での暮らしはどんな感じなのか、どんなものが買えるのか。移動手段は?水は??電気は???自分も2年前はナミビアのこと全く知らなかったんだよなぁと昔の自分を思い出すのでした。 

f:id:TPVC28-Namibia:20170501064606j:image

ナミビア隊員候補生との座談会のあとは小学校教育隊員として自分の活動のあれこれを脈絡もなくしゃべらせてもらう機会をいただきました。まぁとにかく候補生のみなさんの目がキラキラとしていること!!まだ見ぬ任国での2年間に胸をときめかせるフレッシュなパワーはすごいなぁと感じさせられました。完全準備不足な中でたどたどしいプレゼンになってしまいましたが、みなさんの本気に救われなんとかやり切れたかなぁと。それぞれの任国で頑張ってきてほしいと思います!!残りの訓練も全力で楽しんで、頑張って!

 

f:id:TPVC28-Namibia:20170430181631j:image

自分の青年海外協力隊としての活動が本当の意味で一つ幕を閉じたのかもしれない。そんな風に感じる今回の二本松訓練所訪問でした。バトンを渡す側になったんだなと。そして訓練所ではスタッフさんや同期隊員との嬉しい再会もあり、無事に帰ってこれたことにホッと安心する自分もいました。

2年前、無事に帰ってくることを誓って旅立った二本松訓練所にこうして戻ってこれたことに感謝の気持ちでいっぱいです。ナミビアで活動する隊員仲間、それぞれの任国で活躍している同期隊員、そしてこれから任国へと旅立っていく候補生のみなさん。JICAを通じて出会った全ての人たちの無事を改めてお願いしてきました。頼んだよ、無事カエル!

 

f:id:TPVC28-Namibia:20170501070606j:image

そして夜はナミビア隊員候補生のみなさんのお酒の席にご一緒させてもらってきました!いやー、正直これが今回の二本松訪問の一番の目的といっても過言ではなかった!!これからナミビアに旅立つであろうみなさんのドキドキやワクワクをたくさん感じさせてもらい、あぁ羨ましいなぁと感じる楽しい夜でした。二度目なんてあるわけない!!とずっと思ってきましたが、もう一度行ってもいいよと言われたら今なら確実に揺れます。ナミビアで30歳をむかえ、人生についてそろそろ真剣に考える時期にさしかかってきました。職場ではいつの間にか確実に若手ではなくなっていて、大学仲間はすっかりパパやママになっていて。さぁ自分はどうするんだ??どうしたいんだ!?そんな自問自答をすることもしばしば。まぁでも見えない先のことをあーだこーだ悩んだって仕方がない!なるようになる!!今を思いっきり楽しんで行きたいと思います。

f:id:TPVC28-Namibia:20170501233536j:image

懐かしい郡山駅!たくさんの思い出を胸に明日からまた頑張ります!!