読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ワン・イヤー・イン・ナミビア -365日のブログ-

2016年1月1日、人生初となる1年間まるまるナミビア暮らしが始まった。アフリカ大陸で過ごす1年間。青年海外協力隊としての活動や、今の自分を記録に残していくための1年間限定ブログ。

いつだって毎日が絶対に負けられない戦い

2016年6月29日、天気晴れ。

 

素直に嬉しい出来事から。

 

f:id:TPVC28-Namibia:20160630031208j:image

一昨日の説教から今日で2日。なんだかんだで学年的にも気持ちを入れ替えて新しい単元の学習のスタートが切れている雰囲気を子どもたちから感じています。ただ、その説教の際に伝えたことで1つだけまだ尾を引いていることが。

「課題が提出できないなら授業に出る必要はない!」

かなり厳しいかなと思いましたが自分が下した決断でした。いつもやさしいこじませんせーではないんだぞということを伝えないといけない時だなと。もちろんこれが子どもの授業を受ける権利を害していることは重々承知しています。が、それを踏まえての決断でした。話を聞く姿勢、言われたことを守る姿勢、困ったことがあった際に自分で考えて行動する姿勢などなど子どもたちに足りないなと思うことがあります。もちろん全て自分のエゴですがね。

今日ある1人の児童が持ってきた課題の紙。プリントを失くしたのでノートに書き写してきたようでした。失くしたから仕方ない!ではなく失くしたからどうすればいい!?と考えた彼の行動を大いに褒めました。日本人的な考えであることは間違いないですが彼らに必要な力の1つだと自分は思っています。自分に伝えられることと伝えられないことがあるのは事実。ですが、確かに自分の思いが響いている子はいるんだということを感じた手書きの課題のプリントでした。

 

f:id:TPVC28-Namibia:20160630032918j:image

嬉しい出来事はもう1つ。お金と金融に関しての学習は本日で2日目。今回は実践的な学習であることを考慮したり子どもの興味関心を高めたりするための手立てとして、本物のお金を使って学習をすすめています。紙幣と硬貨の裏に日本製の粘着シート付きマグネットを貼り付けて実物で見せる授業でいこうと決めました。もちろん、子どもの反応は絶大!N$200が登場した際はどのクラスでも歓声が上がりました。やっぱりみんなお金は大好きです。そして、わり算の学習の際は手も足も出ずお手上げだった子どもたちの目の色がまぁキラキラと輝いている!!これだけでもうやってよかった。楽しく学べてこその学習です!!

ですがすんなり学習が理解できるかというとそうではない様子です。なので、グッとレベルを下げてグレード4の学習から復習をしています。そこで出てきたのがドル(N$)とセント(C)の変換!

「1ドルがあります。ファットケーキはいくつ買えますか?」

という質問に対して即座に手を挙げる子どもたちの中に算数に苦手を感じている男の子の姿が。

「2個!」

「じゃあ、2個のファットケーキを50セントコインで買いたかったらコインは何枚必要ですか??」

またもや同じ男の子が挙手!

「2枚!!」

「ということは〜、1ドルは何セント???」

とここで一気に挙がる手が少なくなるのが今の子どもたちの現状です。やはり実際の生活の中でそんなことを考えてお金を使っていないんだろうなと予測されます。ですが、このファットケーキで考えるという方法はかなり子どもたちにヒットしました。あの男の子も現在真剣な眼差しで学習に取り組んでいます。明日からの授業にも気合が入ります!!

 

と、なんとなく順調なグレード6ですが逆に今度はグレード5がなんとも調子が悪い。どうしたものか...。今日は少し様子を見ました。

 

そして今日の放課後はなんと近くの学校の生徒たちがブンヤセカンダリースクールにやってきまして、サッカーとネットボールという球技の対抗試合が行われました。まぁということで放課後学習なんてできる状況ではないので自分もカメラを持って観戦!

 

f:id:TPVC28-Namibia:20160630040323j:image

男子によるサッカー。両学校ともユニホームを揃えて参戦です。ちゃんとみんなスパイクを履いているところを見るとやはりアフリカ男子のサッカーに対する思い入れは強いんだなと感じます。それにしてもコートは砂とデコボコが目立ちます。

 

f:id:TPVC28-Namibia:20160630040857j:image

が、そんなの御構い無しの屈強な男子たちです。とにかく目立つのはヘディング。サッカーに関してあまり知識が無いのでわかりませんが素人から見てもヘディングの応酬という感じでした。このちらは前半しか見てませんがブンヤチームが2点ほどシュートを決めていました!

 

f:id:TPVC28-Namibia:20160630041009j:image

こちらが女子のネットボールという球技です。アフリカの女子の間ではメジャーなこのスポーツ。簡単に言うとドリブルのないバスケットボールです。接触プレーもファウルなのかあまりなく、シュート態勢に入るとシューター以外の選手は動けないという面白いルールもあります。

 

f:id:TPVC28-Namibia:20160630041747j:image

まぁこちらのネットボールの試合は終始ブンヤチームが押せ押せの状態。シュートが入る度に観衆の歓喜の声が響きました。これぞ女子の一体感という雰囲気でホームの強みを存分に発揮していたブンヤチームでした。ユニホームもなく、裸足でプレーしている選手もいましたがブンヤの女子はそんなことでへこたれる様子はこれっぽっちもありません。強いぞ女子!!

 

f:id:TPVC28-Namibia:20160630042118j:image

ちなみにこのネットボールのゴールはバスケットゴールとセットになっています。なんとこのゴール、回転式です。つまり、抜けます!なんともディンジャーなリバーシブルゴールです。

 

f:id:TPVC28-Namibia:20160630042425j:image

ということで今日もいろいろあった1日でした。最後は家に帰って金曜夕方ぶりのシャワーでスッキリさっぱり生き返りました!!明日で6月最後です。