読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ワン・イヤー・イン・ナミビア -365日のブログ-

2016年1月1日、人生初となる1年間まるまるナミビア暮らしが始まった。アフリカ大陸で過ごす1年間。青年海外協力隊としての活動や、今の自分を記録に残していくための1年間限定ブログ。

弱い自分を知ることが 強くなることへの第一歩

2016年9月25日、天気晴れ。

 

本当は昨日を予定していましたが一日遅れでよしやるぞ!!と思っていたものの朝早くには起きれず。せっかくの日曜だしもう少しゆっくり寝てたいなぁという自分の中の悪魔が囁くわけです。それでもまぁ8時くらいには起きて活動開始するあたりにナミビアに来てからの生活リズムの改善を実感するところ。そして朝の光を家に採り入れるべく玄関を開けますと...いい天気なこと。まだ暑すぎることもなく風も少し吹いていて気持ちがいい。...正直今日はやっぱりやめとこうかなんても考えていたんですが、有言実行するしかないかということで準備を整えていざ出発です。

 

f:id:TPVC28-Namibia:20160927030343j:image

ブンヤセカンダリースクールの前の道路脇のこの標識。ここからルンドゥまで44kmですのマーク。この標識は自分が来たばかりの頃はまだ無かった気がするのでおそらくここ最近にできたのかと思います。来るマラソンに向けて最後の練習はついにフルの距離を走りきろう!ということでここからルンドゥに!!とも思ったんですが、汗だくでルンドゥに着いてもそのあとが大変なのでここから20km先の地点まで行って折り返すコースに決定!家からこの標識までが1kmくらいなので丁度42.195kmになる計算です。先週の無念の30kmランにリベンジするべく午前9時にスタート。なんとか14時頃までには帰ってきたいなというのが今日の目標でした。

f:id:TPVC28-Namibia:20160927031219j:image

BGMはもちろんB'zで!口ずさみながら走れるぐらいの余裕をもったペースですすみます。暑いかなぁと思っていた気温も10kmの時点ではまだそこまでキツくなく適度な水分補給で気持ちよく走れていました。そう、走れていたんです。

f:id:TPVC28-Namibia:20160927031740j:image

異変は折り返しのポイントに辿り着く前に起こりました。照りつける太陽、吹きつける向かい風、そして自分の中の悪魔の囁き。ちょっと歩こうなんていう気持ちの緩みに甘えてしまう自分の弱さに悔しさを感じながらも折り返し地点手前で最初のウォーキング。歩いてしまった。そして前回の反省で一度歩くと足が重くなって走れなくなることをわかっていたので心配だったんですが再度走り始めると今日はいけそうな雰囲気!よっしゃ!!ということで無事に家から21kmのポイントで折り返しです。

 

f:id:TPVC28-Namibia:20160927032013j:image

折り返したから今度は追い風だ!今日こそ40km走破だ!その思いだけが自分を突き動かしました。ですがこの折り返しのあと、思いだけじゃどうにもならないことを痛感させられました。まず暑い。そして何より足が重い、痛い。そのあとはちょっと走って歩いての繰り返し。来た道をそのまんま帰るというのは絶望しか生まれないんだなと感じる復路です。

f:id:TPVC28-Namibia:20160927032512j:image

もう無理だということでおよそ26kmの地点で止む終えず道路脇のシャビーンと呼ばれる酒屋兼ショップ的なお店で給水!!グラップラー刃牙の発想で炭酸を抜いたコーラでエネルギー補給をと思ったんですがあいにくスプライトしかなかったのでそれで代用。メチャメチャうまい。そうしているとなんと車でその店にやってきた同僚のMr.ハウシクとバッタリ。疲れている自分を見てなんと彼がもう一本スプライトをおごってくれました!感謝!冷たいスプライトをリュックに入れてさぁ再スタートです。

 

f:id:TPVC28-Namibia:20160927033939j:image

そういえばキャベツ畑のことをブログに載せたかったんだよなぁと道路脇の畑を眺めながらふと思い出したわけです。Mr.ハウシクと別れてから1kmも走っていないところでもうウォーキング。足が重すぎる&痛すぎる。だんだん歩くのも辛くなってくる始末です。まだ10km以上も先にあるゴールである我が家が遠すぎる。10kmだけだったらいつも1時間もしないで走れているのに、30km走ったあとだとこんなにもその距離に絶望するんだということをお昼過ぎのギラギラした日差しのもと痛感するのでした。

 f:id:TPVC28-Namibia:20160927034429j:image

歩き続けてなんとかようやく30km地点に到達。ゴールまであと12km。でももうカラカラ。喉ももちろんですが気力、体力ともにカラカラ。それでも歩を前へ前へと進めていましたがついに左腕が左手のグーサインと共に挙がってしまいました。走り始めて33kmの地点でした。

 

車で帰るとこんなにも呆気ないのねと感じたラスト9km。ブンヤに着くと頭がクラクラしていることに気付きすぐにまた近くのシャビーンに入って飲み物を買い水分補給&小休憩。おそらく軽い熱中症もあったかもしれません。疲れた。とにかく疲れた。そして悔しい。それでもなんと家に到着したのがジャスト14時。なんだかなぁと。マラソン本番はいよいよ来週。...もうデカイ目標は掲げません。目指すは完走するのみ!人生初のマラソンを前に現実をさらに突きつけられてかなりビビった素敵な日曜日でした。

それと、扇風機解禁しました!