読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ワン・イヤー・イン・ナミビア -365日のブログ-

2016年1月1日、人生初となる1年間まるまるナミビア暮らしが始まった。アフリカ大陸で過ごす1年間。青年海外協力隊としての活動や、今の自分を記録に残していくための1年間限定ブログ。

ポケモンの名前を必死に覚える それもまた一つの大事な学びにつながっている

2016年7月31日、天気晴れてるけど空がモヤ。

 

今、改めて気がつきました。7月が終わります。日本の学校はちょうど夏休み真っ只中。まだあるまだあると思っている休みも気がつけばあとわずかというのが常ですね。自分もそんな感じなのかなと。今は人生の長い長い長期休暇のような自分を豊かにする長期研修のような。まだあると思っているこのナミビア、ブンヤで過ごす時間も着実に終幕に向かっているなとようやく少しずつ思うことが増えてきました。...まだ早いですかね。とにかく今を大事に大切にしないとなと思う今日この頃。日本に帰ってからのことに期待したり不安したりもすでにしていますが、今は今に集中しろと自分に言い聞かせようと思います。

 

といっても日本のことが気にならない日は1日たりともありません。ですがニュースを見る習慣がないのでキーワードでしか情報が入ってこないのが自分の現状です。では、自分が気になっていることを何点か。

 

①4年に一度のオリンピック

 f:id:TPVC28-Namibia:20160801014154j:image

なんですよね!?まずそこです。全くと言っていいほどオリンピックイヤーのムードがゼロのナミビアです。昨日お店でオリンピック仕様のコカコーラの缶を見つけたのが今のところ唯一のオリンピック感でした。実はナミビアの自分が現在住んでいるブンヤの村からほぼ真西に位置しているリオデジャネイロ。4年に一度だから特別に任国外旅行を許可してほしいなんて思っていたんですがやはりそれは叶わず。(派遣国によって渡航できる国が決まっています。ブラジルはナミビアからは行けません。)ですがそれにしてもオリンピックの盛り上がりは皆無なナミビアです。日本はどうなのか。そしてオリンピックはいつから開催されるのか。全くわかりません。まぁ知ったところでそこまでオリンピックに興味があるわけではないんですがね。

 

ポケモンGO

 f:id:TPVC28-Namibia:20160801020314j:image

これはなんかいろいろ情報が入ってきます。そしてさっそく自分もどんなものかと思ってアプリをダウンロードしてやってみました。とにかくハマると危険なくらいにハマってしまう自分です。ツムツムは昨年ナミビアに来てからもうこれ以上やり続けたら自分がダメになると判断して自らの手で泣く泣くケータイから消去しました。何にでもベストを尽くしてしまうのが仇になってしまうこの性格。なので少し怖かったんですがポケモンGOを開始。ブンヤの村にもポケモンが出ました。一匹程度ですが。そして近くの街ルンドゥ(ルンドゥタウン)にはポケストップが一ヶ所、ジムも一ヶ所ずつありました。ちゃんとナミビアもゲームの対象に入っていることには驚きましたね。

 

f:id:TPVC28-Namibia:20160801020709j:image

しかし結果から言うと、全然ハマりませんでした。まぁまだ全然やっていないからというのもあるかもしれませんが、この面白さが自分にはビビッときませんでした。ポケモンを歩いて集めるのが面白いのか?日本では深夜に公園に人が集まっているとか。それを想像するのがすごく難しいですが、日本ではそれだけブームを起こしているということなんですよね。現実世界(リアル)とリンクしているから面白いのか?結局は画面の中だからゲームボーイと大して変わらないと思うのは自分だけなのかな。まぁこんなこと言っていますが自分も日本にいたらきっとハマっていたと思います。しかし、ここナミビアにはポケモンよりも面白い動物や虫、植物たちとの出会いがたくさんあります。毎度のようにここ最近家の前で寝ているワンコ。モンスターボールには入りませんが、自分の中のスタメンを張る一匹です。

 

f:id:TPVC28-Namibia:20160801022437j:image

村を歩けばそこら中にウシさん。いわゆるケンタロス的な感じでしょうか。ですがこのウシさんたちは怖そうに見えてすっごくおとなしいです。でも迫力は満点!

 

 f:id:TPVC28-Namibia:20160801022758j:image

そしてこのヤギさんたち。ヤギポケモンなんているのかな?自分の151匹の知識の中には入っていません。とにかく弱々しく鳴くのが印象的なヤギさん。枯れ草をムシャムシャ食べる姿が何とも愛くるしい彼らです。

 

f:id:TPVC28-Namibia:20160801023738j:image

ポケモンも!これは少し前の季節に道路のいたるところで見かけた非常にデカくて不気味なやつです。人間が育てている穀物を喰いあさるらしいです。この虫をブンヤの女の子は平気で手掴みしちゃうから驚き。虫は未だに苦手です。

 

ということでポケモンGOよりも本物の動物たちを写真に収めた方が面白いのがアフリカなのかなと思います。これからもう少しするとブンヤの川にはカバが現れます!自分の中ではある意味伝説のポケモン的な立ち位置です。そしてそろそろ暑くなってくるので、子どもたちに倣って川で釣りなんかもしてみようかなと考えているところ。もちろん使うのはボロのつりざおです。野生のコイキングとの出会いを楽しみにしたいと思います。

日本ではいろいろと問題にも取り上げられている様子のこのポケモンGO。自分が籍を置いている日本の小学校も保護者向けにこのポケモンGOに関する注意喚起のメールを送っています。なかなか難しいようですね。ポケモンは今や日本の子だったら誰もが通る道。自分も初期のレッド&グリーン世代の一人です。ポケモンに夢中になることは悪いことではないと思います。なのでこのあとポケモンGOによって日本がどうなるのか、これを他の国から第三者的に見ることができるのはなかなか興味深いです。とにかく事故や事件が起きないことを願います。