読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ワン・イヤー・イン・ナミビア -365日のブログ-

2016年1月1日、人生初となる1年間まるまるナミビア暮らしが始まった。アフリカ大陸で過ごす1年間。青年海外協力隊としての活動や、今の自分を記録に残していくための1年間限定ブログ。

さくら舞い散る中に忘れた記憶と 君の声が戻ってくる

2017年5月1日、天気晴れ時々一時雷雨。

 

f:id:TPVC28-Namibia:20170501070623j:image

ブンヤセカンダリースクール、7Aの子たちは一学期の試験を終えて長いホリデーが始まった頃です。元気にしているかなぁ。

帰国してから早くも一ヶ月が経ちました。この一ヶ月、本当に色々なことがありました。2年ぶりの日本の教育現場は自分の予想していたものとはだいぶ異なる環境での復帰となり、手探りで今自分にできることに取り組む毎日をおくっています。ナミビアで経験してきたことが活かされているという実感は正直まだありませんが、なんか自分変わったのかも!と思うこともなくはありません。

それにしてももうすっかり日本の生活に慣れてしまいました。帰国直後は全てが新鮮で驚きっぱなしでしたが、それも今や日常に。当たり前のように満員の電車に乗って出勤をする朝にふと驚くことは今でもたまにあります。嬉しいようなさみしいような。任地ブンヤのまっすぐな並木道を左から昇ってくる朝日を浴びながら歩いて出勤していたあの頃が無性に恋しいです。まさか早くもナミビアに帰りたい!なんて思うようになるとは。まぁこんなこと書いてはいますが気持ちは前向き!いつだって今を精一杯生きるのみです。

 

f:id:TPVC28-Namibia:20170430175001j:image

さぁ前置きが長くなりましたが4月最後の週末は小旅行に出かけてきました。新幹線の車窓から見える田舎風景に癒されながら移動することおよそ2時間半。やって来たのは懐かしい場所、福島県は二本松です!

f:id:TPVC28-Namibia:20170430175537j:image

ここJICA二本松訓練所で候補生として派遣前訓練を受けていたのが今からちょうど2年前のことでした。ここで過ごした70日間はメインの語学勉強に加えて講話やセミナー、自分の大っ嫌いな予防注射に野外訓練などなどとにかく内容盛りだくさんでした!休みは土曜の夜と日曜のみというキツキツのスケジュールの中で勉強勉強の日々は正直キツかったわけですが、この70日間があったからこそナミビアでの1年9ヶ月を充実したものにすることができたことは間違いありません。改めて感謝です。そしてそんな厳しい訓練を乗り越えられたのはステキな仲間たちがいたから。世代、職種を超えた仲間たちとの出会いは70日間の何よりの宝物。彼らあっての70日間でした。本当に感謝感謝です。そんな想い出がいっぱい詰まったこの場所に2年ぶりに戻ってきました。懐かしい施設を見てグワーーーッと一気に思い出がフラッシュバック!!ウォーーー!!帰ってきたよーーー!!!!

 

f:id:TPVC28-Namibia:20170430181647j:image

現在2017年度1次隊として二本松で訓練に励んでいる候補生のみなさん。その中でナミビアに派遣される予定の4名にいろいろとお話をするために今回は先輩としてここに帰ってきました。いやー、まさか自分がこんな立場で二本松に早くも帰ってくるとは思ってませんでした。自分先輩なの!?と違和感しかありませんでしたが、ナミビアについてアレコレ語れてしまう自分は先輩なんだなーと気付かされました。現地での暮らしはどんな感じなのか、どんなものが買えるのか。移動手段は?水は??電気は???自分も2年前はナミビアのこと全く知らなかったんだよなぁと昔の自分を思い出すのでした。 

f:id:TPVC28-Namibia:20170501064606j:image

ナミビア隊員候補生との座談会のあとは小学校教育隊員として自分の活動のあれこれを脈絡もなくしゃべらせてもらう機会をいただきました。まぁとにかく候補生のみなさんの目がキラキラとしていること!!まだ見ぬ任国での2年間に胸をときめかせるフレッシュなパワーはすごいなぁと感じさせられました。完全準備不足な中でたどたどしいプレゼンになってしまいましたが、みなさんの本気に救われなんとかやり切れたかなぁと。それぞれの任国で頑張ってきてほしいと思います!!残りの訓練も全力で楽しんで、頑張って!

 

f:id:TPVC28-Namibia:20170430181631j:image

自分の青年海外協力隊としての活動が本当の意味で一つ幕を閉じたのかもしれない。そんな風に感じる今回の二本松訓練所訪問でした。バトンを渡す側になったんだなと。そして訓練所ではスタッフさんや同期隊員との嬉しい再会もあり、無事に帰ってこれたことにホッと安心する自分もいました。

2年前、無事に帰ってくることを誓って旅立った二本松訓練所にこうして戻ってこれたことに感謝の気持ちでいっぱいです。ナミビアで活動する隊員仲間、それぞれの任国で活躍している同期隊員、そしてこれから任国へと旅立っていく候補生のみなさん。JICAを通じて出会った全ての人たちの無事を改めてお願いしてきました。頼んだよ、無事カエル!

 

f:id:TPVC28-Namibia:20170501070606j:image

そして夜はナミビア隊員候補生のみなさんのお酒の席にご一緒させてもらってきました!いやー、正直これが今回の二本松訪問の一番の目的といっても過言ではなかった!!これからナミビアに旅立つであろうみなさんのドキドキやワクワクをたくさん感じさせてもらい、あぁ羨ましいなぁと感じる楽しい夜でした。二度目なんてあるわけない!!とずっと思ってきましたが、もう一度行ってもいいよと言われたら今なら確実に揺れます。ナミビアで30歳をむかえ、人生についてそろそろ真剣に考える時期にさしかかってきました。職場ではいつの間にか確実に若手ではなくなっていて、大学仲間はすっかりパパやママになっていて。さぁ自分はどうするんだ??どうしたいんだ!?そんな自問自答をすることもしばしば。まぁでも見えない先のことをあーだこーだ悩んだって仕方がない!なるようになる!!今を思いっきり楽しんで行きたいと思います。

f:id:TPVC28-Namibia:20170501233536j:image

懐かしい郡山駅!たくさんの思い出を胸に明日からまた頑張ります!!

どんな時にも感謝の気持ちを忘れずに前を向いて歩いていこう

2017年3月24日、天気晴れ。

 

f:id:TPVC28-Namibia:20170324201007j:image

6時起きで朝から急いで準備!ジャケットにネクタイ締めて久々のフォーマルモードの本日は日本に籍を置いている勤務校である川崎の学校へ。1年9ヶ月ぶりに地元の駅に降り、商店街を通り抜けて学校へ。初めて見る新しいお店や公園などに月日の流れを感じました。あぁ帰って来た。ナミビアに来る前6年間勤務していた学校です。たくさんの思い入れがあるゆえにここに来るのはちょっと勇気がいることでした。それが今日ついに。朝8時半ちょうどに学校に到着。見るもの全てが懐かしい校舎の門をくぐりいざ、ただいま!!

f:id:TPVC28-Namibia:20170324201020j:image

本の学校から離れて2年が経ちます。この2年で変わったのは自分だけじゃありません。学校の様子もどこか懐かしいようで新しい雰囲気がありました。

f:id:TPVC28-Namibia:20170324201033j:image

そしてもちろん変わらないものも。最後に受け持ったクラスの教室に入ると2年前が一気によみがえりました。この黒板で授業して、そこの席に子どもたちが座ってて。 日本の学校だ!!そしてここが自分の原点。身が引き締まる思いがしました。

f:id:TPVC28-Namibia:20170324201046j:image

そして今日は本当に自分でも予想だにしなかったことが!今回で正式に学校を離れるということでナミビアに来る前にも参加した離任式に再度参加してきました。当初は遠慮する予定でしたが、どうしてもということで。久々に日本の子どもたちを目の前にしてマイクを通して話すというシチュエーション。なかなか不思議な感覚でした。そして会場である体育館を出るときはこの2年間ですっかり大きくなった子どもたちとの再会にビックリの連続でした!えっ!?次5年生なの!?うそ!?6年生なの!!?2年という月日の重みを感じたところです。すごいなぁと。そしてサプライズは体育館を出た時でした。懐かしい顔がズラーーッと!!立派に大きくなった卒業生たちの姿がそこにはありました。まさかこんなにたくさんの教え子たちと会えるとは思ってなかったのでビックリ!!みんな本当にしっかりしちゃって。2年ってすごすぎです。子どもたちだけでなく保護者の方からもおかえりなさいの温かい言葉をいただき胸がジーーンと。この学校が自分にとってどれほど大きい存在なのかということを思い知らされました。帰ってこれる場所があるって幸せです。そして今日でこの学校と本当のお別れ。6年間、ゼロからのスタートでたくさん成長させてもらった場所でした。そして身に付けたものを引っさげて挑んだ青年海外協力隊としての2年間。今はまだどう成長できているのかはわかりませんが、きっと何かは変わったはず!!新しい学校で今の自分のチカラを試したいと思います。

 

f:id:TPVC28-Namibia:20170324201120j:image

今日は懐かしい子どもたちとの再会に心弾み、学校を去るという事実を痛感し、物思いにふけ、これからどうするか、見えない先への不安を抱くという気分の浮き沈みが激しい一日になりました。そして...今日まで毎日続けてきたこのブログとも決別の日がやってきたようです。どんどんと日本の生活に順応していく自分が怖くて、まるでこの2年間は幻だったかのように感じてしまう自分に虚しくなることもちょっとあります。何のための2年間だったのか。今は少し落ち着いて、じっくり自分自身と向き合う時なのかもしれません。少しずつ自分の中でこの2年間を紐解いていき、自分の中で理解を深める必要がありそうです。そしていつかこの2年間の意味を自分の中で納得することができる日がきっとやってくるはず。その日を目指して!明日からまた一日一日を大切に過ごしていこうと思います。では、これにてワン・イヤー・イン・ナミビア、終了です。

お世話になりました!感謝の気持ちでいっぱいです!!

ありがとうございました!!!!

髪を切ったあとに美容室を出るあの瞬間の「新しい世界の始まりだ!」的な感じが好き

2017年3月23日、天気くもり時々晴れ。

 

f:id:TPVC28-Namibia:20170323171639j:image

日本に帰ってきてから今日で3日。まだ3日?もう3日??昨日までは帰国時研修ということで業務的な感じでしたがそれも全て終わり、今日からようやく落ち着いて時間が過ごせそうです。肩の荷降ろして見上げる空は曇り空。空はつながっている!なんて言いますが本当か!?と思ってしまいます。立ちはだかるビルがこの日本を外側からギュギュっと閉じ込めているそんな印象。目を瞑って思うのはブンヤの子どもたちやナミビアのみんなのことです。あぁ、遠く離れてしまったんだなぁとイヤでも痛感させられる日々です。まぁつまり前を向けってことです。さぁやってきたのは川崎は溝の口!いやぁー、ここに来るとついに帰ってきたなという感じです。帰ってきたなぁと。ここまで来る途中の車窓からの懐かしい景色にも胸をググっと掴まれました。今日溝の口に来たのはまた一つナミビアを卒業するためです。

f:id:TPVC28-Namibia:20170323171716j:image

最後に切ったのはナミビアに来る直前の2015年6月。そこから1年9ヶ月伸ばし続けた髪についにハサミを入れてもらいました。断髪式。大相撲を引退する力士さんの気持ちは自分には計り知れないものですが、女性がバッサリと髪の毛を切る時の気持ちはすこーーしだけわかったかなぁと勝手に思っています。言わばずーっとこの1年9ヶ月を共にした長い友達です。特に先端を生き延びた彼らは日本を離れたあの時から戻って来るまでの全ての苦楽を共にした親友!その彼らと今日でお別れです。なんか一つの区切りが心の中でつきました。ナミビアからの卒業!バイバイ!!

 

f:id:TPVC28-Namibia:20170323171800j:image

街を歩いていると見つけました!思わず嬉しくて写真を。桜の花、旅だちの季節。聞きたいのはケツメイシで新生活!別れもあれば出会いある!!いよいよ明日は自分の4月からの勤務先がわかるはずです。どんな場所に行き、どんな人と出会い、どんなことが待っているのか。不安半分楽しみ半分。人生はいつもそれくらいがちょうどエエのかもしれません。

f:id:TPVC28-Namibia:20170323171812j:image

ふと立ち寄った書店で発見!!国旗柄ストラップ!!食いつかないわけがなくさっそく探すとありました、ナミビア!なんと全国連加盟国のストラップを取り揃えているそうですが、んー売れてんのかなー??ナミビアは3つありました。逆に売れてないのがちょっと残念ですが、まぁそんなもんでしょう!ですが、日本で久々に見たナミビアを感じるものに心ときめいたのでした。

f:id:TPVC28-Namibia:20170323171939j:image

それにしてもこの武蔵小杉にある巨大ショッピングモール、なんかスゴイ迫力です。まるで要塞のような感じがするのは自分だけかな??こんな場所にブンヤの子たちを連れて来たらどうなるんだろうなんて想像しちゃいました。

f:id:TPVC28-Namibia:20170323171945j:image

今日の締めはこちら、一風堂赤丸新味!!やっぱりラーメンはウマイです。久々のとんこつラーメン、心にガツンときました。そして店内の雰囲気がまたよいんです。店員さんたちの活気ある声!これまでだいたいどの店に入ってもシーーーンしか経験していなかったので逆に違和感もあるんですが、このワイワイガヤガヤ感がどこか懐かしく感じる自分でした。

こうやってブログで文字にしていると着実にナミビアから離れて日本の生活に順応していっている自分に対して少しさみしい気もします。が、これは仕方のないこと!もう一度自分に言い聞かせるために書いておきます。前を向いていきましょー!!

何か悩み事があったらとりあえず誰かに聞いてもらうのが一番効果的

2017年3月22日、天気晴れ。

  

f:id:TPVC28-Namibia:20170322182124j:image

昨日と打って変わって快晴の本日は風が吹いててまー寒いこと。日本の3月、春はまだもう少し先のようです。春かぁ。今年の春は春っぽいことするぞ!と2年ぶりの日本での春を今か今かと待っているところ。そんな今日は帰国後研修2日目!ですが、今日は業務をちゃちゃっとこなすだけで終了の楽な一日で予定は全部午後からなのでまずは朝一横浜へ。久々の横浜駅に大興奮です。地下街が改装工事が完了してガラッとキレイに変わっているのを見ると時間の経過を感じました。朝から開店準備に精を出す人々、開店時間ピッタリにオープンするショッピングモール、とにかく親切丁寧な対応をしてくれる店員さんたち。いたるところに「日本」があります。

f:id:TPVC28-Namibia:20170322181755j:image

ケータイ番号を復活させ、服を買い、着々と日本での生活を再スタートさせるための準備がすすんでいます。もうどこでもネットに繋げられる環境になった瞬間にまた一つアフリカ生活から離れてしまったような何とも言えない複雑な気持ちになりました。もうWi-Fi探しをしなくていいんだ...。さみしいな。当たり前のようにペッパー君がいる家電量販店にもビックリ。ロボットまで休む間も無く忙しい国、日本です。

 

f:id:TPVC28-Namibia:20170322182238j:image

午後は横浜から新宿へ。まずやって来たのはココです!!

今年の一月、ナミビアの隊員仲間からデータをもらって見た映画「君の名は」。確かにステキで胸がキュンとなる映画だったわけですが、自分がキュンときたポイントは冒頭のあるワンシーン。都会に憧れてたヒロインが見た新宿の景色でした。新宿南口。自分がナミビアに行く前はまだ工事していたその場所が見事に様変わりしているではないか!!まさかその事実を「君の名は」で知るとは思いませんでした。なので今日はロケ地でも巡るようなウキウキ気分。それにしても、交差点で交差する人の数がスゲー。おっ!?乱闘か!!?なんて勝手に思いながら一人でその異様な光景を楽しんでいました。うん、異様です。

f:id:TPVC28-Namibia:20170322182312j:image

新宿に来た本当の目的は帰国後の健康診断を受けるためでした。お昼過ぎからの健診ということで昼ごはん抜きで頑張ってきました。なんと視力が両目とも1.2に戻っていた事実にはアフリカ生活によるカラダ改善に感謝でした。テレビ無し!ケータイでのゲームも卒業!この効果なのかナミビアのパワーなのかはわかりません。そして健診後は久々モスバーガー!まぁとにかく美味しかったわけですが、それよりもインパクトがあったのはそのしずかーーーーな店内。2階に上がった瞬間のその異様な静けさにマジでビビりました。えっ!?何かのドッキリ!!?だーれもしゃべらないのがここでは「普通」のようです。普通って誰が作り出した概念なのか。普通にビビりました。 

f:id:TPVC28-Namibia:20170322182326j:image

まさにコンクリートジャングル東京。わかっていたけどやっぱり地平線は見えません。どこを撮っても一点透視の絵のような写真になるんです。うん、これが日本。大好きな買い物ができるし、美味しいものが食べられるしでもちろん魅力的な国ですが、なんかなぁって。やはり自分含め人間は無い物ねだりをするワガママな生き物なんだなと感じます。何もない村の魅力に何でもある大都会で改めて気づかされました。

 

f:id:TPVC28-Namibia:20170322182349j:image

そして本日最後の業務は帰国後面談。さらっと20分で終了でした。これで2日間にわたった全てのプログラムが終了。自分の青年海外協力隊としての活動がとりあえず幕を閉じました。もちろん今後も元隊員として様々な取り組みに参加できればなと思いますが、とりあえず2年間の活動は終了です。なんだか呆気ない気もしますが、あぁ終わったんだなとシミジミ感じる帰りの電車。長かったようで短かった2年間。いろいろあった2年間。楽しかったことも嬉しかったことも、苦しかったことも辛かったことも全てがあったからこそ今の自分がいる。全てに感謝の2年間。明日からはまた気持ち新たに自分の人生を歩んで行きたいと思います。さっ、また一から頑張るぞ!!

ドラえもんの四次元ポケットは近い内に実現してしまうのかもしれない

2017年3月21日、天気雨。

 

日本スゲー!!

もうこの一言しか出ません。さっそく1日目にしてもう順応したかのような錯覚も覚えますがまだまだ。この国は驚きの連続です。スゴすぎです。

f:id:TPVC28-Namibia:20170322081303j:image

朝から白いご飯が食べられる幸せってスゴイ!自分は正直納豆がそこまで好きというタイプの人間ではなかったんですが、今ならわかる納豆の素晴らしさ!!隊員仲間の中には帰ったら一番最初に食べたいモノとして挙げる人も少なくないこの納豆の魅力を再確認しました。まぁですが今は白米だけでも感動モノです!!スンゲー美味い!!

f:id:TPVC28-Namibia:20170322081256j:image

帰ってきて早々一日中シトシト雨という日本らしい天気の本日。バッと降ってサッと止むあの感じが懐かしい。そして久々に見た天気予報。明日は晴れかとわかると気分が嬉しくなった瞬間、この国にとって天気予報は無くてはならないものなんだなということを感じました。さぁそんなことを電車の液晶ディスプレイを見ながら思ってたわけですが、いやいやとにかくこの人の数!!多すぎでしょ!?なんじゃコリャ状態に終始驚きっぱなしでした。しかも電車の中がまーーー静か!聞こえるのは『次は〜』とたった3分の遅延を何度も詫びる車掌さんのアナウンスのみ。...これが日本か。ごった返す朝の通勤ラッシュに笑いがこみ上げてきたのでした。

 

f:id:TPVC28-Namibia:20170322081330j:image

帰国翌日の本日は帰国後研修に参加するべく東京は市ヶ谷にあるJICAの施設へ。まぁかるーい研修かなぁなんて思ってたらまさかの丸一日のプログラム!!書類提出などの業務の他に講話もありという内容盛りだくさんな研修でした。まぁ話は面白いし興味を引くものだったのでなんとか眠気には勝ちましたが、帰国直後にこの研修はカナリ重い。

f:id:TPVC28-Namibia:20170322081340j:image

そして感謝状までもらっちゃいました!大人になってからもらう賞状ってのもなかなか嬉しいものです。こんな授与式があるならスーツを着てくれば良かったわけですが、全てのスーツを売ってきた自分はカットソー&ジーンズ!堂々と賞状をいただきました。

f:id:TPVC28-Namibia:20170322081351j:image

そしてお昼ご飯はコンビニへ!日本帰国後最初に立ち寄ったコンビニはまさかまさかのデイリーヤマザキでした。

f:id:TPVC28-Namibia:20170322081357j:image

デイリーヤマザキでさえ感動してしまう今の自分。陳列されるおにぎりがキラキラして見えること!!そして冷蔵庫にはイエモーーーーーン!!日本の冷たいお茶はこんなに沁みるんだなと。ポンジュースも近日必ず飲みます!そしてお昼はさっと済ませようということでペヤングソース焼きそば!!久々のカップ麺だったためかかやくを先に入れ忘れるという失態がありましたが、さすがペヤング!うめーーー!

 

f:id:TPVC28-Namibia:20170322081412j:image

そして午後のプログラムも無事終えて帰国後研修1日目が終了!初日から長かった。そしてやっぱり久々に懐かしい仲間と再会したのに飲まずに帰れるわけがない!!ということで帰国後初の居酒屋へ。写真を見るだけで感動できてしまうこのメニューはいったい何なんだと。枝豆はキレイな緑だし鳥の唐揚げは文句なしだしプレミアムモルツは美味いしでもう何も言えません。

f:id:TPVC28-Namibia:20170322081425j:image

そして極め付けはコレコレコレ!!このボタンはマジでミラクル!!押せば人が来るボタンっていったい誰が考えたんでしょうか。ドラえもんひみつ道具バリの代物です。いやーー、ホント日本すごすぎです。

 

f:id:TPVC28-Namibia:20170322081517j:image

まぁ久々同期との飲み会でも飲んで結局寝落ちして、帰りの電車は乗り心地良すぎて寝過ごす始末。こういうところはすぐに日本に順応しちゃうんだろうなぁ。で、ここは日本!我慢できません!!飲み会終わりの締めのラーメン!!!日高屋でこんなに感動できちゃう自分は幸せです。そのあと終電もないのでタクシーに乗ったら初乗り700円オーバー!!一回10N$、日本円で100円以下で乗れてしまうナミビアのタクシーが懐かしいです。

日本復帰初日、見るもの全てに感動しっぱなしの一日でした。

「おかえり」「ただいま」「おつかれさま」 日本語にはステキな愛がある

2017年3月20日、天気晴れ。

 

f:id:TPVC28-Namibia:20170321070912j:image

現在飛行機の中です。間も無くおよそ1時間後に日本に到着します。...1年9ヶ月ぶりの日本に若干緊張してきました。

 

今日は時差の関係で1日が17時間で終わります。今頃ナミビアはまだ朝の10時。そうか、ほぼ24時間前にナミビアを出発したんだなぁともうすでに懐かしいみんなとのお別れを思い出しています。しんみり。

 

あと20分で降下の準備に入るそうです!!ウォーーーーーーーー!!!!

 

f:id:TPVC28-Namibia:20170321070819j:image

そして昨日、南アフリカの空港を離れておよそ12時間のフライトの後に到着した香港国際空港。...ウォーーーー!!アジアだよ!お店の商品に日本語書いてあるよ!レストランからアジアの香りがするよ!そしてとにかく空港がデカイよ!今まで南アフリカの空港で毎回感動してたのにその比じゃない香港国際空港。人の数もまぁ多い。発見はまだまだ!スタバがあるよーー!!まだまだ!マックがあるよーー!!そして極め付けは...

f:id:TPVC28-Namibia:20170321070723j:image

スーパードライがあるよーーーー!!!!空港では飲むのを堪えたんですが、現在香港から羽田に向かう飛行機内で我慢できずに飲んじゃいました!!...久々だったからかナミビアが恋しいからかはわかりませんが...フーンという感じでした。まぁその内大好きなナミビアのビールの味も忘れてスーパードライ派に戻っちゃうんだろうなぁ。ですがそのビールの感動を凌駕したのはANA機内食!!米がチョーーーーーーーーウメーーーーー!!なんだよこれ!?自分がナミビアの米を使って鍋で炊くごはんも満更ではないと思ってたんですが、話にならない!こんなに日本の米は美味かったのかよと衝撃でした。日本の米のスゴさはこれから子どもたち、特に稲作にはげむ人々について学習する5年生にはたくさん伝えていきたいなと思います。さらには機内でモヤさまは見れるは映画は日本語字幕で見れるは!そしてお金を払えばWi-Fiも使えちゃうらしい!!...スゲー。スゲーよ日本。ほんとスゲーとしか言えません。そんなすごい国に間も無く着陸。いやー、ドキドキしてきた。そろそろサライを歌う準備を始めてもいい頃です。さぁ、飛行機着陸の瞬間を待ちたいと思います。

 

夜景が見えてきました!キラキラしてるよー!!あと5分!!

 

f:id:TPVC28-Namibia:20170321071110j:image

19時39分、着陸しました!!

煌びやかと光るHANEDAの文字。ついにやってきたんだ。飛行機を降りて入国審査へとすすみます。とにかく当たり前ですがまわりから飛び交う日本語に違和感!見渡せば日本人だらけに違和感!!黒人さんたちはどこへ行ってしまったんだと。まぁそれもそのはず。ここは羽田なんです。1年9ヶ月ぶりの入国を無事に済ませたあとは預け荷物が来るのを待ちます。まさかの行きに引き続きの帰りもロストバゲッジ!?なんて心配もしていたんですが、なんのことはないさっと3つ同時にやってきました。よし!あとはあのゲートをくぐるだけだ!!!!

 

f:id:TPVC28-Namibia:20170321000613j:image

帰ってきました。ウォーーーーーーーーーー!!って感じです。帰ってきました!!そしてゲートをくぐった瞬間にもうメチャクチャ嬉しくて本当に心がいっぱいになりました。自分の帰りを待っててくれた母親と仲間たち。今日来れなかった仲間たちも自分の帰りをずっと心配してくれていました。本当にステキな人たちに囲まれている自分の人生に感謝しないといけないです。マジで幸せすぎる。ウォーーーーーーー!!!!

f:id:TPVC28-Namibia:20170321000658j:image

その後、大きな荷物と一緒に日本のキラキラした夜の街を車で走って横浜の我が家に帰ってきました。ここまで見送ってくれた大学仲間に本当に感謝!今度みんなとたくさん飲んで語りたいと思います。そして家に帰るとおかえりのクラッカー!!これまた自分の帰りを出迎えてくれた叔母さんと従兄弟にまたまた感謝!!スーパードライで乾杯です。うん、ウマイ!!久々のこれぞ日本食が沁みますこと。そして白米がチョー美味しい。いやーー、帰ってきたぁーーーーー!!もうずっと興奮しっぱなしです。当分こんな感じが続くのかな??何度も言います。帰ってきました!!

 

とりあえず今日の日本帰国をもってナミビアでの生活を綴ってきたこのブログは幕を閉じます。たくさんの思い出が記された毎日のブログは今後の自分の財産になることと思います。ここまで続けてくることができたことにも感謝です。そして明日からはワン・イヤー・イン・ナミビアの最終章エピローグ編がスタート!日本帰国から仕事復帰までの道のりを綴っていきたいと思います。これが本当に本当の最後!

f:id:TPVC28-Namibia:20170321072608j:image

本当にまるで夢でも見てたかのような1年9ヶ月でした。家に帰って自分が寝るところのある幸せ。いやー、帰ってきたんだなぁと。逆にこれが夢!?なんて思ってしまいます。明日からはドキドキワクワクの日本を楽しみたいと思います!!いやー、日本だーーーーーー!!!!

さよならの向こうには何かがきっと待っている

2017年3月19日、天気晴れ。

 

f:id:TPVC28-Namibia:20170319220357j:image

2015年7月7日、午前10時頃。日本からおよそ24時間のフライトを経てナミビアの地に到着しました。南アフリカでの乗り継ぎでいきなり寒さを経験しビックリ!ナミビアに着いたら全員ロストバゲージでビックリ!ウィントフックの街にビックリ!そして夕飯は初日からシマウマのステーキにビックリ!本当にビックリだらけだったナミビア赴任一日目。あれから何日が経ったのか。数えてみました。今日がナミビア生活622日目でした。622。数字にするとその過ごした月日の多さにまたまたビックリ。スゴイなぁとどこか他人事の自分です。そして今日、この622日目で自分のナミビア生活に終止符が打たれます。旅立ちの日です。

 

f:id:TPVC28-Namibia:20170319220808j:image

早朝5時に起きて最終荷造りを開始。ここでも未だ帰るのかなー??とまだ実感がありませんでした。とりあえずキレイに詰めてみて、帰るんだよ!!と自分に言い聞かせてみます。そう、帰るんだよね。まるでどこかに旅行に行ってまたナミビアに戻ってくるような気分です。が、今回は片道切符。...ワクワクでもなく、ドキドキでもなく、妙に落ち着いた感じのナミビア最後の朝がやってきました。

f:id:TPVC28-Namibia:20170319222337j:image

隊員仲間とのナミビア最後の朝食は奮発して高級ビュッフェへ!本当に仲間に恵まれた2年間。隊員数が少ないからこそのアットホームな雰囲気はすごく居心地がよくて、ついつい飲み過ぎたりしゃべりすぎたりする夜がいくつもありました。そして最後は寝落ちする。そんな自分を温かく受け入れてくれた全てのナミビアファミリーに心から感謝したいと思います。みんなと出会えて本当に良かったです。たくさんお世話になりました。

 

f:id:TPVC28-Namibia:20170319220910j:image

最後の朝食を終えて宿に戻ってくるともう迎えの車が。先輩隊員を乗せて走り去っていく車を見送ったのが丁度一年前の今日でした。そして本日。あの時一年後のこととして思い描いていたその瞬間がやってきました。思い返せばあっという間の一年。ついに自分が乗る番です。トランクに荷物を入れて、出発。お別れです。じゃあちょっと旅行に行ってくるね!まだどこか旅行気分。

f:id:TPVC28-Namibia:20170319221124j:image

そう!忘れちゃいけないシリーズ完結編。ナミビア中のウェルカムボードを集めるという個人的な目標を掲げてたくさん旅をしてきましたが、これがラストの1枚になります。最後は首都ウィントフック!全部で43ヶ所のウェルカムボードを制覇しました。パチパチパチ!しかしまだまだ眠るウェルカムボード。改めてナミビアという国の大きさを知ると共に、いつかこの続きを!?なんて密かに思う自分でした。

 

f:id:TPVC28-Namibia:20170319221255j:image

空港に到着!とここからが大忙し。預け荷物の重量制限23kgをクリアすべく、みなさんに助けてもらいながら荷物を入れ替えてなんとか無事ギリギリセーフに収めました。よかった。3つの荷物が吸い込まれるようにコンベアーで運ばれていくと...あっ帰るんだな。ようやくそんな気分になりました。

f:id:TPVC28-Namibia:20170319222424j:image

そしてわざわざ空港まで見送りに来てくれたみんな。自分は幸せ者なんだなーとこれでもかというくらいのハッピーで胸がいっぱいになりました。そして背中を押してくれるみんながいてようやく実感が湧きました。自分、日本に帰ります!!帰るんだ!!笑顔で送ってくれるみんなのサヨナラを背に受けて、出国のスタンプがドーーン!と押されました。バイバイ!またね!!本当にありがとーーう!!!!

f:id:TPVC28-Namibia:20170319221400j:image

搭乗。ついにナミビアとの別れの時です。たくさん勉強させてもらって、たくさん成長させてもらった622日間。本当に任国がナミビアで良かったと心の底から思います。そしていずれ必ずナミビアにまた戻ってきたいと思います。だからサヨナラまたね!!次にナミビアに来るときは今よりももっともっと成長した自分で。それまでしばしのお別れ。ナミビアもまだまだこれからの若い国。自分もまだまだこれから!!ここで学んだことを活かしてこれから第3の人生を歩んでいきたいなと思います。思いっきり楽しむぞマイライフ!!

 

f:id:TPVC28-Namibia:20170319220616j:image

それでは締めくくります。1年9ヶ月、本当に最高の毎日を過ごさせてもらいました。さよならナミビア!ありがとうナミビア!そして自分を支えてくれた、応援してくれた全ての人々に心から感謝をしたいと思います。

2017年3月19日、12時35分ジャスト離陸!!

日本に帰ります!!いざピリオドの向こう側へ!!