読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ワン・イヤー・イン・ナミビア -365日のブログ-

2016年1月1日、人生初となる1年間まるまるナミビア暮らしが始まった。アフリカ大陸で過ごす1年間。青年海外協力隊としての活動や、今の自分を記録に残していくための1年間限定ブログ。

ジンバブエ、ボツワナ、ザンビア、マラウイ、モザンビークにタンザニア アフリカには魅力溢れる国々がたくさんある

如月 任国外旅行 ジンバブエ

2017年2月27日、天気晴れ。

 

f:id:TPVC28-Namibia:20170228010150j:image

帰国前ギリギリに組み込んだ今回のジンバブエ5日間の任国外旅行。本当はもっとのんびりしたいところでもありましたが、友人がこのタイミングでジンバブエに住むことになったこと、自分の残り旅行日数が5日残っていたことなどなど偶然という名の必然が重なり実現した今回のジンバブエ旅行に感謝しないとなと思います。起こることが起きているんだなと 改めて実感です。さぁ最終日の本日はショッピングに精を出します!!昨日もお土産通りを歩き回りましたが今日は少し奥に入った所にあるヴィクトリアフォールズオープンマーケットに足を運びました。ジンバブエの人たちはガツガツしているようで意外とアッサリしているところもあり、押し売りに嫌な思いをすることがあまりないのが良いところ!並べてある商品を見るだけでも楽しいのがオープンマーケットです。

f:id:TPVC28-Namibia:20170228010518j:image

ヴィクトリアフォールズでよく目にするのがこの特徴的な仮面!これはその中でもかなりデカイサイズでその迫力に思わず目を引かれました。一つ一つビミョーに表情が違ってなんだか今にも動き出しそうなこの仮面たち。マキシと呼ばれる仮面だそうです。味があってイイ感じ!!

f:id:TPVC28-Namibia:20170228010702j:image

アフリカ南部ではどこでもよく目にする木彫りのお土産ももちろんたーくさん並んでいます。ビッグ5と呼ばれるアフリカ動物界のスターたち(ライオン、バッファロー、サイ、ゾウ、レオパード)の木彫りの像はどの店にも必ずあるマストセルアイテムです。まぁそれもいいんですがこのチェスボード!サイズ感もあって凄みがあるんですが、最前列に行儀よく並ぶヒッポちゃんたちの可愛さがたまらない!!まぁカバはとんでもなく強い動物なのでポーンでいいの!?とは思いますが、たくさんいてカワイイからよしです!

f:id:TPVC28-Namibia:20170228010759j:image

楽しいウィンドウショッピングですが、欲しいものにはちゃんと目星をつけておくことが大事です。いきなり欲しいアピールをすると高い値段からの交渉スタートになってしまうので、それとなくがポイント。さぁ、お土産に必ず買って帰りたいと思っていたドラムを発見しました。大きいからなぁー、持って帰れるかなぁーと渋りながらビジネススタートです。はじめは1つでいくらの交渉でしたが...よし、3つ買ったら!?と大口の買い取り意欲を見せるとディスカウントしてくれました。そして足つきのしっかりしたドラムを結局全部で6つも購入!!...マジで持って帰れるか心配になりますがまぁなんとかなるでしょう。お値段は40USドルでした。

 

f:id:TPVC28-Namibia:20170228011159j:image

首都ハラレでも目にした石の彫刻でしたが、ここヴィクトリアフォールズではさらに街中の至る所にステキな石のアートたちを目にします。お土産通りはさながら美術館のような雰囲気が!

f:id:TPVC28-Namibia:20170228011044j:image

そしてやはり小さい細々したものよりも大きな作品に心は奪われます。もちろん持って帰れないのでこれは完全にみーてーるーだーけー。 そこに声をかけてくれた一人の青年が!石削りのアーティストだそうでいろいろと石の種類や作品について紹介してくれました。なんと題名は書いてないだけでちゃんとついているそうです!話を聞くほどにこの石が欲しくなりましたが大きくて無理なんだよなぁーと。...そこで!彼に聞いてみたんです。

「オーダーメイドしてくれる!?」

f:id:TPVC28-Namibia:20170228011552j:image

左のネックレス。これは2015年の年末にザンビアに行った際に作ってもらったものです。ニャミニャミと呼ばれるヴィクトリアフォールズの象徴的なもので、周辺のお土産やさんでは必ず手に入るものです。が、その素材は木や石といったものが中心で正直どれにもピンとこなかったんです。そこでザンビアはリビングストンで出会ったMr.ズゼさんにお願いを。ザンビアの名産である銅(コパ)でニャミニャミを作ってくれませんかと。そしたらちゃーんと作ってくれたんです。世界に一つのコパニャミニャミ!!そしてこのコパニャミニャミはジンバブエの人々も見たことがないらしく今回オープンマーケットを歩いていると「どこで買ったの!?」の嵐!みんな興味津々でした。これぞ一品モノの魅力!欲しいものは現地の人にお願いして作ってもらうのが一つの手です。そして右が今回オーダーして作ってもらったヒッポネックレスです!

 

f:id:TPVC28-Namibia:20170228011616j:image

昨日の夕方に来て彼Mr.ティーチに作成を依頼。明日の9時にお店に来てと言われたので行ってみるとちゃーんと、しかも想像以上に仕上がっていて感激でした!!!!ジンバブエの伝統工芸の石の彫刻のペンダント!しかも大好きなカバ!しかも世界に一つ!忘れられないアフリカの思い出が詰まったお土産になりそうです。

 

f:id:TPVC28-Namibia:20170228021050j:image

実はお土産に関してはもう一つ書きたいことがありますがそれはまた明日!お昼過ぎにヴィクトリアフォールズ国際空港を出発しました。

f:id:TPVC28-Namibia:20170228021119j:image

離陸直後。遠くには水煙をはっきりと確認することができました。さよならヴィクトリアフォールズ!さよならジンバブエ!!そしてこの時密かに抱いた次なる夢。世界三大瀑布を制覇したい!!まだまだ夢の途中です!

今回のフライトでは初めて南アフリカを経由せずに直でナミビアに戻ります。航空会社は我らがエアーナミビアなので正直機内食はウーーーンという感じでしたが、早く帰れるのでまぁよしかなと。

f:id:TPVC28-Namibia:20170228021138j:image

そして無事到着。これがナミビアに「おかえり」と言ってもらえる最後の旅となりました。もうすっかり慣れた海外一人旅。ここホセアクタコ国際空港からスタートした3度の南部アフリカ旅行は自分を大きく成長させてくれました。見るもの全てに刺激と感動をもらった40日間の任国外旅行。次ここにやってくるのは20日後、日本に帰る時です。やり残したことが無いようにラスト20日のナミビア生活を本気と書いてマジで過ごしたいと思います。ただいまーーー!!