読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ワン・イヤー・イン・ナミビア -365日のブログ-

2016年1月1日、人生初となる1年間まるまるナミビア暮らしが始まった。アフリカ大陸で過ごす1年間。青年海外協力隊としての活動や、今の自分を記録に残していくための1年間限定ブログ。

ジンバブエの首都ハラレはとりあえず何もかもスケールがデカイ

2017年2月23日、天気くもりのち晴れ。

 

f:id:TPVC28-Namibia:20170224143136j:image

飛行機に関する思い出を。自分の額にはうーっすらですが縫い傷があるんですね。自分でもほぼ忘れているんですがたまーに思い出すんです。あ、あるって。この傷は自分がまだ小さい頃に羽田空港かどっかに飛行機を見に言った際に階段で転んでできた傷だったと記憶しています。正直あんまりよく覚えてません。たーしか上り階段の途中であと少しで飛行機が見える!!ぐらいのところで転んだのかな!?...日本に帰ったら母親に今一度聞いてみようと思います。てなことでこれが自分の人生最初の飛行機との思い出。苦いスタートだったんです。そこからは飛行機との縁はなく、次は中学3年でした。これが人生初フライト!しかも人生初が国際便、オーストラリアへの旅でした。まぁ学校の行事だったので誰かについていけばなんとかなってしまいました。あれから15年。まさかアフリカの空港でのトランジットや入国審査を一人で難なくできるようになるなんて...我ながらよく成長しました。

f:id:TPVC28-Namibia:20170224143201j:image

もう英語圏の空の旅ならバッチリだ!!なんて思っていたのも束の間。あることに突然気付きました。...ビザ取得用のUSドルを持っていない!!昨年末のキリマンジャロ登山の際に全てのUSドルを使い切ってしまったので手持ちはゼロ。ナミビアドルでの支払いができるはずもなくさぁどうすると焦る南アフリカヨハネスブルクの国際空港内。ATMも無いということなので...この空港ならナミビアドルが使える!空港内のショップを回って水やペンなど安い商品をナミビアドルで購入しておつりを南アのランドでゲット。そして集めたランドをUSドルに換金してなんとか32USドルを確保しました。これでなんとかなるでしょう!!

f:id:TPVC28-Namibia:20170224143223j:image

ナミビアを出発して南アフリカでの乗り継ぎも含めておよそ5時間半で到着したのはジンバブエです。2年間で40日与えられる任国外旅行の最後の5日をここジンバブエに当てました。これでナミビア隊員が現在渡航することのできる全6ヶ国(ボツワナザンビアマラウイモザンビークタンザニアジンバブエ)を全て制覇!いやー、やりました!!飛行機の窓から眺めたジンバブエの首都ハラレの風景。家の多さと未舗装道路が印象的でした。

f:id:TPVC28-Namibia:20170224143243j:image

さっ、いざ入国審査!ビザ代が30USドルだということがネットで調べてわかったのでもう安心してたんですが...もしかして!?と思い案内係の人に念のために聞いてみると

「公用旅券はこっちだ!」

と言われて他のお客さんたちとは違うカウンターへ。そしてそのままスタンプをドンと押されましてビザ取得完了!なんと支払いはありませんでした。公用旅券だとビザが無料で発行されるケースがあるんですがそれを忘れていました。まぁ備えあれば憂いなしなのでUSドルはその時までとっておきたいと思います。

 

f:id:TPVC28-Namibia:20170224143326j:image

さぁ、ジンバブエ観光スタート!!空港をあとにしてまず向かったのはジンバブエに来たら誰もが目にするあるモノがそびえるスポットです。

 

f:id:TPVC28-Namibia:20170225115846j:image

空港から車でおよそ15分。ここチレンバ周辺にはなんとも不思議な岩のモニュメントがたくさん!しかもそれは人工的につくられた様子はなく、むしろ人工的につくれるようなものではないんです。積み重なった大きな岩。その中でも有名なモノが見られるのがこの場所です。入園料は10USドル。

f:id:TPVC28-Namibia:20170225120114j:image

こちらが場所の名前にもなっている「バランシングロック」です!どうしてこんな風になったのか。見れば見るほど謎が深まるそのカタチに想像は深まります。ですが、実はここで一番有名な岩のモニュメントはこれじゃないんです!!

f:id:TPVC28-Namibia:20170225120152j:image

こちら!!名前も特についていないこの3段重ねの岩が実はジンバブエを象徴するシンボル的存在なんです。

f:id:TPVC28-Namibia:20170225120228j:image

この岩の図柄はこれまでジンバブエで発行されてきた全てのお札に描かれているんです!そしてこのお札に関する歴史がジンバブエにはいろいろとあるのでこの岩を見つけるとジンバブエに来たぞ!!的な達成感がありました。園内にはこの他にも面白い岩の像がたくさん。不思議なパワーを感じる場所でした。

f:id:TPVC28-Namibia:20170225120252j:image

さぁここからはジンバブエの首都ハラレの街を巡ります。

f:id:TPVC28-Namibia:20170224143347j:image

石が作り出す不思議な風景から一変!やはりここは首都なんだと思わせるキラキラとしたそびえるビル群に胸は高鳴ります。これまで見てきたどの国の首都ともまた一味異なる雰囲気がありました。

f:id:TPVC28-Namibia:20170224143409j:image

ビルだけではなく高い木々の緑も印象的なハラレの街。この通りの街路樹は全てジャカランダという紫色の花を咲かせる樹木。10月ごろにはこの道路に紫色のアーチがかかるそうです!絶対にキレイ!!

f:id:TPVC28-Namibia:20170224143431j:image

JICAジンバブエのオフィスにも行ってきました。昨年までナミビアでお世話になっていた方が今年からこちらで働くことに!同じJICAのオフィスでも国が違えばこれまた全然違ってビックリです。ひろーい広場にはなんとプール付きでした!!

f:id:TPVC28-Namibia:20170224143517j:image

ということで今回のハラレ滞在中はナミビアでも何度もお世話になったファミリーのジンバブエ新居にお邪魔することとなりました。もうその大きさにビックリ!!!!ナミビアのお宅も居心地よくてステキな場所でしたが、今度のお宅はとにかくデカイ!!一区画ごとが広いジンバブエだそうで、どの家も大きいのが特徴だそうです。広い庭、プール、テニスコートも!!自分が子どもだったらこの家で毎日弟とかくれんぼをしてたこと確実です。

f:id:TPVC28-Namibia:20170224143541j:image

そして美味しい夕食をごちそうになりました!ナミビア生活4度目にして最後の任国外旅行inジンバブエ、スタートです!!