読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ワン・イヤー・イン・ナミビア -365日のブログ-

2016年1月1日、人生初となる1年間まるまるナミビア暮らしが始まった。アフリカ大陸で過ごす1年間。青年海外協力隊としての活動や、今の自分を記録に残していくための1年間限定ブログ。

一年後の未来がわからないからこそそこから始まる新たな一年にドキドキできる

2017年1月4日、天気晴れ。

 

f:id:TPVC28-Namibia:20170105181307j:image

まさかってことはよくあります。それが旅というものなのかなと。ナミビアで過ごすおよそ1年9ヶ月の間にナミビア国内中を旅するということは来る前からずっと決めていたことですが、まさか同じ街、しかも超マイナーな街に2度も訪れて宿泊することは想像もしていませんでした。モヤさまでさえ同じ街を訪れるのはハワイを除いてせいぜい2年周期ぐらいなわけですが、ここマリエンタルに来るのはわずか8ヶ月ぶり。一度も訪れることが無い可能性の方が高い街に2度も来てるあたりにこれぞ旅を楽しんでるなぁと我ながら感じているところです。昨日お世話になった宿Anandi。ocean viewの文字が書かれていますが海など見えるはずはなく、B&Bがデカデカとアピールされてるわけですが朝食は別料金というツッコミどころ満載な宿なんですが泊まり心地は快適!気持ちよく熟睡させてもらいました。

 

f:id:TPVC28-Namibia:20170105181457j:image

さぁ今日も朝から車を捕まえて旅を続けます!向かうは本日もマニアックな村です。これまですでに30ヶ所以上の町や村を訪れて来たのでもう残っているのは観光客でも滅多に訪れないような場所ばかり。これを訪ねてこそナミビア中を旅した!と言える男になれるかなと勝手に思ってます。まぁということでミニバスのような移動手段も無いので、地元に帰る方の車に乗せてもらいます。今旅をしている地域は主にナマ族と呼ばれる人々が暮らしています。彼らの特徴の一つは男女関係なく朝からビールを飲むこと。車に乗ると早速ビール!お前も飲むか!?と親切にたずねてくれるほどです。こういう車中のやりとりも面白いもの。

f:id:TPVC28-Namibia:20170105181337j:image

本日最初のウェルカムボードはスタンプリエットと呼ばれる村でゲット!本当に小さな村なんですが、明るい絵に大きなウェルカムがすごく温かい感じでした。

 

f:id:TPVC28-Namibia:20170105181612j:image

そしてマリエンタルから東におよそ140kmのところに位置するのがアラノスと呼ばれる町でした。ゆるやかな登り坂になっている町のメインロードの先に何やら大きな建物が。教会か集会所か。しっかり手入れされている庭が印象的でした。

f:id:TPVC28-Namibia:20170105181722j:image

中に入りたかったんですが正月だからか開いてませんでした。

f:id:TPVC28-Namibia:20170105181752j:image

ウェルカムトゥーアラノス!この町のウェルカムボードは表と裏でデザインが違うというこだわりが。味があってオシャレなウェルカムボードでした。

 

f:id:TPVC28-Namibia:20170105181842j:image

さぁここからです。大きな町から小さな町に向かうのは比較的車をゲットしやすいですが、逆は難しい。車を待つこと1時間経っても捕まらず。まぁこういう時は急いでも仕方がないので空を見ながら考えごとを!太陽の下でのんびりするのもいいものです。その後無事に車が見つかりマリエンタルに戻ってきました。

f:id:TPVC28-Namibia:20170105181949j:image

さぁおそらくこれでもうマリエンタルを訪ねるのは最後だと思いながら進路をさらに南へと進めていきました。車窓からの外を眺めてボーッとする。これもまたイイ感じ!

 

f:id:TPVC28-Namibia:20170105182043j:image

途中別の乗客を降ろすために寄ったちーーさな村チェス。閑散とした中に哀愁が漂う感じがまさに南らしいなと。そしてこんなちーーさな村にも

f:id:TPVC28-Namibia:20170105182110j:image

ウェルカムボード!!ドライバーさんがわざわざ停まってくれまして撮ることができました。ありがとーう!!

 

f:id:TPVC28-Namibia:20170105182138j:image

そして今日のゴールは訪れること3度目!ナミビアの最南の州、カラス州都キートマンスフープです。この街に3回もやってくるとはこれまたまさか。そしてなんとなんと全くお願いをしてなかったんですが自分の意図を汲んでくれたドライバーさんがここでもウェルカムボード前で停車してくれました。ここはすでに撮ってるので素通りでオッケーだったんですが撮れ撮れということなので一枚!...このウェルカムボードの旅がスタートしたのは昨年2016年の1月5日、記念すべき一枚目はここキートマンスフープでした。あれから今日で一年。まさか始まりの場所に戻ってくるとは思ってもいませんでした。一年前に思い描いた一年後の自分の姿に少しでも近づけたのかは謎ですが、なんだか一年の重みを感じました。

 

そしてこのあと今日一番のまさか!!を経験したんですが、それは胸の内にしまっておくことにしたいと思います。