読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ワン・イヤー・イン・ナミビア -365日のブログ-

2016年1月1日、人生初となる1年間まるまるナミビア暮らしが始まった。アフリカ大陸で過ごす1年間。青年海外協力隊としての活動や、今の自分を記録に残していくための1年間限定ブログ。

ヘルシーオシャレでカラフルなフルーツがあるライフスタイルはなんだかリッチな気分

2016年11月4日、天気くもり時々雨。

 

f:id:TPVC28-Namibia:20161106060930j:image
本日ついに学年末試験の日程が発表されました。州ごとに教育委員会が日程を設定して行われるこの学年末試験ですが、他の州は一週間以上前に発表されていたのにカバンゴ州だけがずっとわからないままという状態でした。それがついに!試験開始は再来週の今日。つまり今年度の授業は残り9日ということになりました。...急に終わりを突きつけられた感じです。が、これでゴール目指して頑張れます。グレード5の理科は11月22日、グレード6の算数は11月28日と30日の二回に分けて試験が行われます。一年間の自分の活動が結果となって現れる学年末試験。いよいよその時がやってきたなぁという思いです!
が、今日は先週中止となったホームウィークエンド。子どもたちは朝から家に帰ることで頭がいっぱいです。こんな時に授業授業と焦っても仕方がないので今日はゆっくりのんびりな1日にしました。試験前最後の休憩日的な感じです。ラストスパートは来週から!楽しい週末を過ごしてきてほしいなと思います。

 

f:id:TPVC28-Namibia:20161106061000j:image
と子ども主体で書きましたが実は週末のことで頭がいっぱいだったのは実は自分の方でした。いきなりですがこの赤ちゃん、ずいぶん大きくなりました!今年の4月、生まれたばかりの彼にルンドゥの病院に会いに行ったのが今では遠い昔の出来事です。その彼を抱くのはおじいちゃんになったカウンターパートのMr.ゲンダさんです。すてきな笑顔!そんな彼にずっと前からお願いをしていたことがついに実現しましたら。今週末は彼の出身地におじゃまさせてもらいます!

f:id:TPVC28-Namibia:20161106061042j:image
ナミビアの地図を使ってご説明します。◉がブンヤの村。いつの間にかすっかり自分のホームになっています。そして★が三週間前に誕生日を過ごしたディブンドゥ。カバンゴリバーの大自然を感じた二泊三日は忘れられません。そして今回はさらに北東に向かって進んでいきます。通称「ナミビアの先っぽ」と呼ばれるこの地。ナミビアの国土の形が非常に特徴的なのは北東に伸びるカプリビ回廊がその原因です。イギリス、ドイツ、南アフリカの順に異なる国の植民地時代を経験してきた後に最終的にナミビアの国土となったこの回廊を走り抜けて彼の出身地を目指します。

 

f:id:TPVC28-Namibia:20161106061117j:image
いきなり現れたのは色鮮やかなスイカが目に鮮やかな野菜のマーケットでした。立派なスイカたちがズラッと並ぶ景色はなんともステキで芸術的!ナミビアで色々な風景に出会ってきましたが、このスイカマーケットは自分の中の絶景の一つに加わりました。この時期だからこそ見られる風景です。

 

f:id:TPVC28-Namibia:20161106061142j:image
しかし今日の目的は実はスイカでは無いんです。ディブンドゥを超えて間も無く、車を停めて外に降りました。そして遠くの方に目をやると...見えますか??

f:id:TPVC28-Namibia:20161106061218j:image

クローズアップ。いたいた!!写真じゃわかりませんがちゃんと動いているんです!!!!一列になって移動するゾウさんたち!気温が涼しくなった時間帯に移動をして川に水を飲みに行くそうです。

f:id:TPVC28-Namibia:20161106061306j:image

ここカプリビ回廊の道路にしかないと思われるゾウ注意のための速度制限標識。このエリア一帯はゾウがたくさん見られることで有名です。このカプリビ回廊自体が国立公園になっていてゾウ以外にもバッファローやワイルドドッグ、キリンやオーストリッチ、レッドハートビーストなどの動物も見られるそうです。

f:id:TPVC28-Namibia:20161106061416j:image

ですが何と言っても主役はゾウさん!!普通の一般道路脇でゾウが見られるというとんでもないシチュエーションです。その迫力は絶大!時には道路を横切るゾウを見ることもできるそうです。が、ゾウはとにかく警戒心が強い動物。子ゾウを引き連れた群れを見つけた際は気を荒立てないように注意しないといけないそうです。

f:id:TPVC28-Namibia:20161106061552j:image

もう一度言いますが、普通の道路脇にゾウがいるんです。車中から眺めるゾウの姿に興奮しっぱなしでした。

f:id:TPVC28-Namibia:20161106061613j:image

ということで、今日から二泊三日の週末旅行がスタート。初日の本日は仕事終わりにゾウを見る。それも一度や二度ではなく何度も群れに遭遇しながらドライブをするという貴重な経験をさせてもらいました。週末サファリってやつですね。そしてブンヤを出発してから約6時間、ついに辿り着いたのがMr.ゲンダさんの出身地でありナミビアの北東端、ナミビアの最後の街「カティマムリロ」です。明日はカティマムリロの街を巡ります!

f:id:TPVC28-Namibia:20161106061632j:image