読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ワン・イヤー・イン・ナミビア -365日のブログ-

2016年1月1日、人生初となる1年間まるまるナミビア暮らしが始まった。アフリカ大陸で過ごす1年間。青年海外協力隊としての活動や、今の自分を記録に残していくための1年間限定ブログ。

まだまだ先のことだと思っていたイベントがいよいよ明日に迫ると月日の経過を思い知らされる

2016年9月30日、天気晴れ。

 

f:id:TPVC28-Namibia:20161002133327j:image

昨夜オジワロンゴに到着して宿を探しながら街中を歩いているとホテルの文字が!とりあえず覗いてみようと入ってみたここがまぁオシャレでステキな宿でした。迷わず即決で昨夜はここVillage Boutique Hotelにお世話になることに!

f:id:TPVC28-Namibia:20161002133409j:image

 ホテル内の洗練されたデザインももちろん魅力ですが、何より自分を驚かせたのは食事の美味しさ!昨夜の夕飯もブュッフェスタイルでどれも美味しかったんですが、何より今日の朝食がすごかった!!ナミビアの宿の朝食といえば卵料理とベーコンやソーセージ、トーストやヨーグルトなどが主流です。が、今日目の前に出てきたのは焼きたての菓子パン!!もうどれも生地がサクサク&甘さも絶妙な完璧なパンたちでお代わり必至でした。コーヒーが合うこと。今日は朝食を食べずに早朝に出発しようかなんて考えてたんですが、この朝食に巡り会えてよかった!ちなみに朝ごはんは7時から。あまりに美味しくて、雰囲気も良かったので予定より長居してしまいましたが、今日はこれからまた移動です。

 

f:id:TPVC28-Namibia:20161002133535j:image

ナミビア中央部に位置するオジワロンゴから南西の方向に進み、今回の旅の目的地である海沿いの街スワコップムンドに向かいます。ここに来るのはなんと3度目!ということでもうすっかり道も見慣れましたが、途中にある小さなカリビブという町のウェルカムボードはまだ写真に収めていなかったのでドライバーさんにお願いして停車してもらいました。21枚目をゲットです!

 

f:id:TPVC28-Namibia:20161002133700j:image

その後無事にスワコップムンドに到着!...想定はしていました。このスワコップムンドという街は海沿いの影響か他の街よりは気温が低いんです。が、自分の予想を上回る寒さ!タンクトップにシャツ一枚では耐えきれないということでとりあえず服屋に入って長袖を買うことに。そしてとある店で発見したこのTシャツ。...斬新!日本でも売られているのか?まぁおそらく漢字好きのアフリカン用のデザインでしょう。もちろん彼らは意味もわからずこういうシャツを着ています。日本人が英語のプリントされたシャツを着るのと同じ感覚なのかなと。それにしても斬新。

 

f:id:TPVC28-Namibia:20161002133746j:image

スワコップムンドのおしゃれカフェで美味しいランチを食べた後に向かったのはそこからおよそ40km離れたところに位置するウォルビスベイという港町。ここにも今年の3月に一度来ています。フラミンゴが有名なオシャレな町です。今日はその港町の一画にある工場地帯にやって来ました。本当にこんなところで!?と半信半疑で訪れましたが、どうやらここであっているようでした。

 

f:id:TPVC28-Namibia:20161002134103j:image

アフリカで有名な魚の缶詰ラッキースター。この会社が主催するマラソン大会が明日、ここスワコップムンドーウォルビスベイ間を舞台に開催されます。そしてもちろん自分もこの大会に参加するべくこうしてスワコップムンドにやってきたわけです。その受付はなんと工場というのは新鮮でした。自身人生初のフルマラソンをまさかここナミビアの地で経験することになるとは全く予想していませんでしたが、もういよいよ明日!ゼッケンももらって一気に気分が高まりましたが怖い気持ちも。果たして走りきることができるのか...!?

 

f:id:TPVC28-Namibia:20161002133857j:image

と不安になっても仕方ない!!ウォルビスベイに来たからには美味しいものを食べないともったいないです。マラソン前日だろうが食べて飲みます!以前も訪れた海上レストランで食べるはやっぱり生牡蠣です。最高の一言。ビールも飲んでお肉も食べて、ちょっと食べ過ぎた感もありましたがこれで明日に向けてのエネルギー補給は十分。決戦はいよいよ明日です!!

f:id:TPVC28-Namibia:20161002134012j:image