読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ワン・イヤー・イン・ナミビア -365日のブログ-

2016年1月1日、人生初となる1年間まるまるナミビア暮らしが始まった。アフリカ大陸で過ごす1年間。青年海外協力隊としての活動や、今の自分を記録に残していくための1年間限定ブログ。

これまで自分が歩んできた道のりはこれからの自分につながっている

2016年7月8日、天気晴れ。

 

今日は3ヶ月に一度のJICAボランティア主催の定例連絡協議会が行われました。帰国隊員の方の報告を聞いて刺激を受けると共に、また1つ別れの時がやってくるんだなと少しさびしい気持ちにもなりました。そして同期隊員は中間報告を。ナミビア生活が折り返し地点にやってきたことを改めて認識したところです。

現在ナミビア隊員は全部で16名です。他の国に比べると少ない人数ですが、一人一人キャラが輝くメンバーたちです。アットホームな雰囲気がとっても居心地のいい感じです。会終了後はレストランに移動して、日頃お世話になっている方々も一緒に飲んでしゃべって肉をひたすら食べるという贅沢な時間を過ごしました。赤ワインが美味しかった!楽しすぎてついつい飲みすぎたステキな夜でした。

 

では、今日は一年間の軌跡をふり返る中間報告の中編です。地図に引かれた線を見るだけでもあの日あの時の旅が蘇ってきます。

 

⒏【絶景と魚介のオンパレード!ナミビア南部旅行】
〈2016年1月4日〜1月9日〉

f:id:TPVC28-Namibia:20160709202001j:image
いよいよここからはブログを書き始めているのでその詳細はぜひこの日付のブログをチェックしてもらえればなと思います。2016年一発目の旅は南へ攻めました。絶景、世界第2位の大きさを誇るフィッシュリバーキャニオン。リューデリッツの街で受けた風の洗礼。そしてそれに負けない魚介の美味さに財布の紐がゆるむゆるむ。何より一番忘れてはいけないのがあのペンギンツアー!これまでで最も過酷なクルージングの思い出は今でも鮮明に覚えています。それにしても海沿いの街から任地ブンヤまでのその合計距離はなんと1600km!これを1日半で帰ったという事実を今ふり返ると驚きます。
                                            合計移動距離〔2440km〕


⒐【ナミビアでお米を育てよう!田植え&稲刈りツアー】
〈第1回 2016年1月15日〜1月17日/第2回 2016年4月15日〜4月17日〉

f:id:TPVC28-Namibia:20160709202249j:image
稲作隊員として活動をしている隊員仲間の活動先オゴンゴにおじゃまして田植えと稲刈りのおいしいところだけを体験させてもらったこのツアー。暑い日差しの照りつける中での作業の大変さを感じた田植え。そして自分が植えて立派に育った稲に喜びを感じた収穫。ナミビアでの貴重な農業体験でした。
                                            合計移動距離〔2200km〕


⒑【今年もいよいよ始動開始!トレードフェア委員会2016 inオジョ】
〈第1回 2016年2月26日〜2月28日/第2回 2016年6月3日〜6月5日〉

f:id:TPVC28-Namibia:20160709202636j:image
いよいよ来月末に行われるオングエディバトレードフェア。この行事の委員として現在準備を進めているところです。その話し合いに参加するべくこれまた移動を2度ほど。ですがまぁこのオジョという街に行くためには、帰りに必ずオジワロンゴという街を経由しなければなりません。交通運に見放されたこの街にこれまで何度苦しめられたことか...。そしてこれから何度苦しめられるのか...。乞うご期待!
                                            合計移動距離〔2320km〕


11.【感動の風景はまるで別世界!ナミビアの秘境ウォーターバーグツアー】
〈2016年3月5日〜3月7日〉

f:id:TPVC28-Namibia:20160709202927j:image
これまでいろいろと旅に出てきましたが観光名所付近は基本的には道がしっかりしているナミビアです。そんな中で未舗装路を車ですすんでいかないと辿り着けないナミビア屈指の秘境ウォーターバーグへ行ってきました。先輩隊員がこよなく愛するこの場所には見渡す限りの絶景とたくさんの動物が!今までに見たことのないその自然の世界に魅了されました。ここももう一度行きたい場所の1つです。
                                            合計移動距離〔1020km〕


12.【奇跡の10連休!ナミビアの名所を思う存分満喫ツアー】
〈2016年3月18日〜3月27日〉

f:id:TPVC28-Namibia:20160709203207j:image
今年のナミビアの学校はいろいろと作為的な操作によってなんと学期途中に夢のような大型連休がありました。もちろんここぞとばかりに旅に出ます!初めてのインターケープ(深夜バス)で首都に上がり、帰国する先輩隊員を見送った後は西へ向かいました。岩山スピツコップ、砂漠と海と洋風の街並みが美しいナミビアNo.1観光地スワコップムンド、そしてフラミンゴのいる港町ウォルビスベイ!このツアーは今考えてもナミビアのおいしいとこどりでした。しかし、またもやこの旅の帰り道に待っていたのはオジワロンゴでの交通トラブル...。それも1つの思い出です。
                                            合計移動距離〔2100km〕

 

 まぁ本当にどんだけ移動してたんだと自分でも驚いているところですが、まだ終わりません。完結の後編は明日!