読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ワン・イヤー・イン・ナミビア -365日のブログ-

2016年1月1日、人生初となる1年間まるまるナミビア暮らしが始まった。アフリカ大陸で過ごす1年間。青年海外協力隊としての活動や、今の自分を記録に残していくための1年間限定ブログ。

これは一生の何分の一なのかなんてよくできた腕時計で計るもんじゃない

2016年5月17日、天気曇り時々晴れ。

一人旅の癒しを求めてやってきたスワコップムンド。ですが、だからと言って特に何かがやりたい!ということもなく、ただその街並みを見てどこか安心したい自分がいました。なので今日もあてもなくふらふらとするだけです。

f:id:TPVC28-Namibia:20160525204008j:image
やはり自然と足が向かうのはカフェ。今日本にいたら間違いなくスタバに行ってコーヒー一杯で本を読んだり仕事したりしてるんだろうなという架空の自分を想像しながらコーヒーでくつろぎます。今日入ったのは今まで何回も店の前を通っていたGelateriaというカフェです。

f:id:TPVC28-Namibia:20160525204112j:image
その名の通りイタリアのジェラートも食べられますが、パンやキッシュ、ドーナツなどのメニューの種類も豊富で楽しめます。二階席で静かにのんびりするのもありです。

f:id:TPVC28-Namibia:20160525203205j:image
まぁ時間は余るほどあるので、気になっていたスワコップムンドの観光名所の1つに足を運んできました。こちらはKristall Galerie。様々な種類の水晶を展示している博物館です。ナミビアはたくさんの水晶が採れることでも有名で、ここでは実際にナミビアで採掘されたものを見ることができます。

f:id:TPVC28-Namibia:20160525203245j:image
その中に飾られているこちらの水晶はなんと世界で一番大きいクオーツ!5億2千万年前のものらしく、1985年にナミビアで採掘されたそうです。かなりの大きさですがここまで大きいと美しさが無くなってしまうのがかわいそうだなと。

f:id:TPVC28-Namibia:20160525203544j:image
こういう小粒の水晶の方がやっぱりステキです。こちらは混色のトルマリンです。この他にもいろんな種類の水晶が展示してあります。そして、お土産コーナーでは水晶のアクセサリーなども買うことができます。値段はピンからキリまであるので、掘り出し物を探すのもよし、見てるだけでもよしのショップです。あんまり期待していなかったんですが、予想以上に楽しい場所でした。入場料は大人20ND(およそ200円)です。

これ以上にのんびりすることができるのかというくらいにスワコップムンドの町でただただ時間を過ごす贅沢な1日。こんなことをしていていいのかなんて思いますが、今はとにかく自分の心を充電する期間!と言い聞かせて慌てず、焦らずで。そんな時に限って、なぜか知らないですがちょっとしたサプライズは起きるものなんです。人生、何が起こるかわからないから面白いのかもしれません。
f:id:TPVC28-Namibia:20160525204830j:image