読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ワン・イヤー・イン・ナミビア -365日のブログ-

2016年1月1日、人生初となる1年間まるまるナミビア暮らしが始まった。アフリカ大陸で過ごす1年間。青年海外協力隊としての活動や、今の自分を記録に残していくための1年間限定ブログ。

目の前に広がる海と波の音が忘れかけていた自分の中の何かを呼び起こす

弥生 夢の10連休編 ナミビア国内旅行
2016年3月21日、天気快晴からの曇りのち快晴。

ということで、今日はウサコスに別れを告げて次の街へ出発します。ここウサコスにはタクシーやコンビ乗り場のようなものが無いので、移動するためにはガソリンスタンドで行き先が同じ車をつかまえる必要があります。で、今日はスタンドに到着した直後に運良く声をかけてもらい、乗り心地最高のワーゲンのボックス車に同乗させてもらうことができました。ドライバーはなんとナミビア鉄道の運転手だそうで、とても親切な方に声をかけてもらえて本当にラッキー!

f:id:TPVC28-Namibia:20160322084511j:image
今日はさらに西へと進みます。そして、目的地に向かう途中に見えた巨大なウェルカムボード!ドライバーさんに止まって欲しいとお願いしたら快くOKがもらえて感謝感謝!ということで、5枚目はアランディス(Arandis)。なんだか今日はついていました。

f:id:TPVC28-Namibia:20160322084648j:image
そしてやってきたのが、今回の旅のメイン。ナミビアNo.1の観光地であるスワコップムンド(Swakopmund)です。着いた瞬間に感じた異国の雰囲気!まぁもちろんナミビアは自分にとって異国なんですが、ナミビアに住んでいる自分にとってもここは全てが今まで感じたことのないナミビアです。街の雰囲気や建物の外観はアーティスティックで、見てるだけ、歩いているだけで本当に楽しい街です。
今日はそんなスワコップムンド初日。街中を散策しました。

f:id:TPVC28-Namibia:20160322084828j:image
しかし、あいにくの空模様。スワコップムンドに入った瞬間に、空一面を雲が覆いました。内陸に雨が降らないのと逆に、ここはくもりの日が多いらしいです。それもそのはず。ここはナミビアの西の端。街を歩くとすぐに見えるのは大西洋の海です。

f:id:TPVC28-Namibia:20160322085007j:image
そして、ふと道路の先を見るとそこには砂漠が!これがスワコップムンドです。

f:id:TPVC28-Namibia:20160322085149j:image
まず向かったのは人気のカフェ、ビレッジカフェ(Village Cafe)です。街を歩くとたくさんのカフェがあるのもスワコップムンドならではですが、ここはかなりの人気店だそうです。味も見た目も楽しめるオシャレなメニューの数々。
f:id:TPVC28-Namibia:20160322085259j:image
店内の雰囲気もオシャレ。そしてなんと今日は独立記念日ということで、店員さんはダマラ族の伝統的なドレスを着て、陽気に歌を歌いながら大切な日を祝っているようでした。いるだけで楽しいカフェ。こういうカフェは首都にもなかなかありません。

f:id:TPVC28-Namibia:20160322085547j:image
ということで、ナミビア26回目の独立記念日の今日。特に街で何か盛大なイベントが行われている様子はありませんでした。(首都では大きなスタジアムに人が集まって何やらやっていたらしいです。)が、祝日なので今日はどこのお店も閉まってるところが多かった。とりあえず窓からお店を覗いて視察。気になるお土産屋さんもたくさんありました。

f:id:TPVC28-Namibia:20160322085706j:image
街中にある路地ではちょっとしたお店が並んでました。こういう空間一つ取ってもオシャレなスワコップムンド。

f:id:TPVC28-Namibia:20160322085817j:image
ナミビアの地元のお土産が買えるオープンマーケット(HAWKERS CRAFT MARKET)。ここはどこも変わらずといった感じです。地元の人たちとの値切り交渉が最近では楽しく感じられるようになってきました。ただ、商品を見栄え良く並べたり、木の製品とかはしっかりと磨き上げたりしている様子はやはりスワコップムンド仕様です。

f:id:TPVC28-Namibia:20160322085941j:image
今日は、偶然見つけたアフリカの伝統的な楽器、マリンバ(Marimba)を購入!最初は200NDと言われたんですが、そっから渋ってると徐々にプライスダウン。早めに買わないのがコツです。渋り、考えるフリを続け、一回ぐるっと他の店も見てくると伝えて焦らし...最終的にカムバック。なんとお値段は半分の100ND!よし、特別に!といってそのお値段でマリンバ2つ購入!最初から欲しかったものなのでラッキー。

f:id:TPVC28-Namibia:20160322090120j:image
そして、近くの別の小さなマーケットによるともう一つマリンバ発見。これも買いだ。と即決。「さっき別の店でも同じの買ったんだ!」と伝えて「いくらで?」と聞かれたので「80ND」と。
今日はいい買い物ができました。

f:id:TPVC28-Namibia:20160322090309j:image
気がついたらいつの間にか快晴のスワコップムンド。見上げると雲一つない青空です。そうすると見えてきた海は朝とは違ってキラキラ輝いて、たくさんの人で賑わってました。海風が気持ち良かったです。

f:id:TPVC28-Namibia:20160322090415j:image
気温も上がり(ですが、基本的に風がずっと吹いてるので、涼しいくらいです。)、歩いて疲れたところでおやつタイム。街中にはアイスクリーム店も何店か見かけます。今日はそのうちの一つ、ICE &SPICE Cafeに。人が並んでるなんて光景も、他のナミビアの街ではまず見ません。

f:id:TPVC28-Namibia:20160322090548j:image
色とりどりのフレーバーが並びます。今日はその内3つ、チョコレート&ストロベリー&ピスタチオをコーンで購入。これで27ND(およそ250円)だから、そりゃ明日も食べたくなります。店員さんにはストロベリーの発音だけ伝わりませんでした。

f:id:TPVC28-Namibia:20160322090827j:image
で、今日の観光の締めくくりはスワコップムンドのランドマーク、大西洋に突き出る桟橋の先にあるレストラン(JETTY)。

f:id:TPVC28-Namibia:20160322090951j:image
とにかくそのロケーション!見渡せば200度海!!そしてその途中に砂漠。贅沢な景色を眺めながらの夕食です。美味しいシーフードが食べられることでも有名なスワコップムンド。ここでいただくはやはり生ガキです。3つで50ND。白ワインと一緒に食べればもうこれ以上ない幸せな瞬間でした。

f:id:TPVC28-Namibia:20160322084410j:image
そして、夕飯を食べ終えて急いでレストラン上の展望デッキへ。午前中の雲が嘘かのような完璧なサンセットが目の前に。海に沈んでいく夕日を眺めながら、今自分は外国にいるんだということを改めて感じたスワコップムンド初日でした。

f:id:TPVC28-Namibia:20160322091548j:image