読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ワン・イヤー・イン・ナミビア -365日のブログ-

2016年1月1日、人生初となる1年間まるまるナミビア暮らしが始まった。アフリカ大陸で過ごす1年間。青年海外協力隊としての活動や、今の自分を記録に残していくための1年間限定ブログ。

ふり返ると一年間は思っていた以上にあっという間で思っていた以上に濃い

2016年12月30日、天気晴れ時々くもり。

 

f:id:TPVC28-Namibia:20170102013437j:image

29日までは実感が湧かない年越しが30日になった瞬間に「あっ、一年が終わるんだ!」に変わるから不思議だなと思います。2016年、いよいよ残すところあと2日となりました。言いかえれば、このブログも書き続けてきてついに「ワンイヤー」が経ちます。一年間よく書き続けたなぁと自分でも驚いているところです。ちょうど去年の今頃、

来年はブログを書こうかなぁ

なんて思ったのがきっかけで、1月1日からナミビアでの生活や協力隊としての活動を紹介しようと思い書き始めたわけですが、

どうせなら毎日書いてみようかなぁ

ということになりまして1月2日に2回目の更新をしたわけです。そして2日続けたからにはもう3日目でやめることはできないなと。1週間続けたならば1ヶ月書き続けないと意味がないなと。そして1ヶ月続けたならば...本当に面白い性格をしているなぁと自分でも思います。

 

何があっても書き続けるって正直大変でした。まぁ人生の大半のことは「楽しいこと」として解釈することができる性格なので、悩んだり困ったりすることがあってもそれを楽しいに変えることができました。が、まぁ一年も続けてればいろいろあるものです。思うように文章が出てこない日はブログを書くのにどんだけ時間使ってるんだ?なんてこともよくありました。まぁそれも今ではいい思い出。一年間続けてこれてよかったなぁと今だからこそ思います。

f:id:TPVC28-Namibia:20170102013651j:image

その時その瞬間にしか書けないことがあると思います。「ナミビアで生活している」という事実が今では当たり前になってしまっている自分がいますが、見るもの感じるもの全てが特別な毎日。考えること悩むことができることが貴重な毎日。この一年間が自分に与えてくれたものは数え切れません。それを少しでも形に残せたかなと思っているところです。まぁナミビアだからというわけでなく、生きてる上で経験する全てのことはきっと全てに意味があって、それをその時自分がどう受け止めるか、あとになってどう感じ取るかは自分次第。忙しいとついそれを言い訳にして流してしまいがちですが、与えられた今にこれからもしっかりと向き合っていきたいなぁなんて思うようになりました。ナミビアが特別なんじゃなくて、生きてることがすでに特別です!

 

何が書きたいかよくわからない本日ですが、まぁこれも大晦日イブのマジックだと思います。やたら「なぁ」を連発しているあたりも久々に自分を出してるなぁと。さっ、今日は12月30日。やってきたのは首都ウィントフックのランドマークの一つ、ヒルトンホテルです。

 f:id:TPVC28-Namibia:20170102013620j:image

ここの屋上にはスカイラウンジがあり、首都の街並みが一望できます。この景色を眺めながらのビールがこれまた最高。そう、思い返せば一年前のこの日も同じようにビールを飲みこの景色を眺めていました。

 

f:id:TPVC28-Namibia:20170102013933j:image

2016年最後の一日をどこで過ごすか。と考えた時に思い浮かんだ場所は一つ。ナミブ砂漠です。昨年も同日にナミブ砂漠へのツアーに参加しましたが、その際はすこーし...いやけっこう曇り空ですこーし...いや普通に悔いが残ったままナミブ砂漠をあとにしました。...ということで!!

f:id:TPVC28-Namibia:20170102014106j:image

2年連続2回目のナミブ砂漠ツアーです!!モヤさまの10年連続10回目のハワイには程遠いわけですが、今年もナミブ砂漠で年越しを迎えます!!ナミブ砂漠に始まりナミブ砂漠に終わる2016年。去年と同じ道を車で進んでいくと、一年前の自分と向き合っているような不思議な感じがしました。この一年でいろいろなことが起きてナミビアに対する見方も、自分自身に対する見方も大きく変わり、なんか少しだけ成長できたのかもななんて思ってみたりみなかったり。

 

f:id:TPVC28-Namibia:20170102014153j:image

去年も来てたはずなのに全く頭になかったナミブ砂漠の中心近くの町ソリタィアのウェルカムボード。今年は本当にナミビア中を駆け巡った一年だったなぁと撮り溜めてきたウェルカムボード写真を見返して改めて感じました。旅は人を大きくするという文句は自分が勝手に思いついた言葉なのか誰かの名言なのかはわかりませんが、大きくなったつもりです!

f:id:TPVC28-Namibia:20170102014333j:image 

ちなみにこのソリタィアのガソリンスタンドにあるベーカリーはアップルパイで有名なんです!ボリューミーで甘さ控えめの絶品アップルパイ。リンゴがたっぷり詰まっていて食べ応えもあります!一つN$35、お店は夕方6時までです。

 

f:id:TPVC28-Namibia:20170102014547j:image

途中車の故障により乗り換えをするトラブルが発生しましたが、首都からおよそ6時間で無事にロッジに到着!日程も、ツアーも、宿も去年と同じ。そしてドライバーのベローンさんまでも同じという奇跡!ですが気持ちは去年と違うんです。これがナミビアで過ごす最後の年越しになります。そしてこの年越しを終えたらいよいよ日本へ帰国のカウントダウンが本格的に始まります。2年連続2回目のナミブ砂漠。忘れられない年越しになりそうな予感です!そしてまずは何より、明日天気になーれ!!