読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ワン・イヤー・イン・ナミビア -365日のブログ-

2016年1月1日、人生初となる1年間まるまるナミビア暮らしが始まった。アフリカ大陸で過ごす1年間。青年海外協力隊としての活動や、今の自分を記録に残していくための1年間限定ブログ。

Yeah! めっちゃホリディ ウキウキな夏希望

霜月 活動報告 ツメブ

2016年11月30日、天気くもり時々晴れ。

 

f:id:TPVC28-Namibia:20161201134654j:image

振り返ると今年の1月11日に始まった今年度。前年度は三学期のみの指導だったので、ナミビアの学校で一年間通して仕事をするというのは今年が初めてでした。全く先が見えなかった1月。これからこの子たちへの指導(特に算数)をちゃんとやり遂げることができるか不安だった2月。軌道に乗ったのはいつだったのか、そんな頃があったことすら忘れるくらいとにかく毎日授業授業の日々に打ち込み続け、気付いたら11月になっていたという感じです。そしてそんな11月も今日で最後。本日11月30日がブンヤセカンダリースクールの日本で言うところの修了式です。...といっても日本のように全員修了できるわけではありません。まだ今日残っている試験を含め、ここから一週間後までに子どもたちの成績表が作成されます。そしてその成績によって修了か留年が決まります。みんなで修了して次の年は一つ上の学年にみんなですすむというようにはいきません。なので何とも言い難い気分の一年間の最後の一日になります。

 

f:id:TPVC28-Namibia:20161201134746j:image

試験最終日でもある本日は算数の2枚目のテストが実施されました。8時から始まって9時には終了。そしてそこから何かがあるわけでもなく自由解散となり、子どもたちは大きな荷物を抱えてそれぞれの家へと帰って行きました。...本当に呆気なくて...なんかねぇと。子どもたちが次に学校にやってくるのは一週間後、自分たちの成績表を取りに戻ってきます。つまりこの一週間子どもたちは来年がかかった大事な結果をドキドキしながら待つことになります。ということで自分は今年度最後の仕事に取りかかります。

f:id:TPVC28-Namibia:20161201134903j:image

試験終了から理科室にこもって一気に算数のマルつけを終わらせました。2枚目のテストということでなんだか落ち着いて冷静に子どもたちの答案と向き合うことができた気がしています。最初にいきなり登場する角度の種類の名前を書く問題3問のできはなかなかだったかなと。これもジェスチャーやフラッシュカードを使用して何度も繰り返したからこその結果だろうと前向きに捉えました。反面、一学期に指導した数字を英語で書きなさいという問題は未だに定着させることができなかったなぁと自分の指導が不十分だったことを改めて自覚させられました。これは正直わかってたことでもあります。全部を全部しっかりと教えることの難しさというのも感じた一年間でした。ですが、子どもたちの努力の姿が感じられる答案に個人的には納得!本当によくがんばりました。では、グレード6の算数の結果です。

A評価(80点以上)→ 0名

B評価(70点〜79点)→ 1名

C評価(60点〜69点)→ 5名

D評価(50点〜59点)→ 19名

E評価(40点〜49点)→ 33名

U評価(39点以下)→ 44名

E評価以上が進級となります。算数の厳しさを思い知らされる結果となりましたが、不思議と悔いはないです。44名もの生徒が進級点に達しなかったのだからもっと悔しがれと言われてしまうかもしれませんが、これが今の自分の実力でした。あと一年あれば...なんて夢を見てしまいそうです。あとあときっとこの結果に対してあーでもないこーでもないと自問自答を繰り返すことになると思いますが、今はこの結果を真摯に受け止めます。とりあえず何はともあれ子どもたちの成績一覧を提出し終え、これにて今年度の自分の仕事が全て終了しました!この終わった感を誰かとシェアできないのが少々寂しいところですが、仕方ないので一人で叫びます!せーの、おつかれーーーーーーーーーーーー!!!!

 

f:id:TPVC28-Namibia:20161201134955j:image

さぁ全てが終わった充実感やらやり切った感やら解放感が一気に押し寄せますがのんびりなんてしてられません。なんせつまり今日からホリデーが始まったわけです!!本当は来週まで教員は勤務をしないとなんですが、もうやることを全てきっちりしっかり終わらせたのでMr.ゲンダさんにも許可をいただいて一足早く今日から長期休みに突入させていただきました!まだ12月になっていないのに「また来年!」という挨拶をするのが不思議な気分でしたが、学校再開は2017年1月9日。一ヶ月を超える長い休みが始まりました!

f:id:TPVC28-Namibia:20161201135118j:image

泳いでいないと死んでしまうマグロのように仕事を12時に終えて13時にはブンヤを出発。このホリデーは一日だって無駄にはしたくない!ということでいきなり小旅行にでました。ルンドゥから車に乗って南へ。もう何度も通っている道なので見慣れたはずなんですが、季節は雨季真っ盛り。車窓から見える美しい緑豊かな景色はまた違ったアフリカを感じさせます。そしてこちらのルンドゥから次の街グルートフォンテインの間にあるゲートも中間地点としてすっかりお馴染みなんですが、このゲートはナミビアの歴史を学習してから訪れるその意味の深さを考えさせられる重要なスポットです。きっと今後小島ナミビア史でも紹介する日がくるはずです。いや、紹介します!

 

f:id:TPVC28-Namibia:20161201135211j:image

ルンドゥからN$200、わずか3時間ちょいでやって来たのは今年8月にも訪れた銅山の町ツメブです。ここは何と言っても...Wi-Fi最強説が(個人の中で)流れている町でございます。最後の三学期をやりきり、一年間の仕事を終えた自分へのご褒美小旅行といったところです。そして本日お世話になるのはこちらMakalani Hotelさんです。ナミビアのツアーガイドに載ってたのでとりあえずの気持ちでやって来たんですが、ここすっごく立派でオシャレなザ・ホテルです!!エントランスから高級感漂う素敵な感じで、スタッフさんの対応も親切丁寧。しかも!Wi-Fiが部屋までガッツリ届く!!これはナミビアの宿泊施設では結構珍しいことです。さすがツメブ。これで1泊N$550とはなかなかだなと。

f:id:TPVC28-Namibia:20161201135254j:image

ホテル内のレストランも雰囲気よし!机の上にはクリスマスを思わせる飾り付けもされていて...なんだかホッコリ。いやー、とにかく一年間終わりました!!そして、ホリデー始まりました!!おそらく自分の人生最後のアフリカ大陸で過ごす長期休み。思う存分楽しみつくしたいと思います!!!