読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ワン・イヤー・イン・ナミビア -365日のブログ-

2016年1月1日、人生初となる1年間まるまるナミビア暮らしが始まった。アフリカ大陸で過ごす1年間。青年海外協力隊としての活動や、今の自分を記録に残していくための1年間限定ブログ。

タンザニアのザンジバル島にはこれでもかというくらいの贅沢が似合う

2016年12月24日、天気晴れ。

 

f:id:TPVC28-Namibia:20170101005852j:image

ここタンザニアザンジバル島イスラム教の信仰が盛んです。なので街にはイスラム教徒の服装で歩く人々の姿が見られます。が、やはり今日はクリスマスイブ!ナミビアにいても全く感じることのないクリスマスですが、ここストーンタウンではいたるところにツリーが見られたりクリスマスソングが流れていたりします。日本のオシャレなクリスマスもいいですが、アフリカで過ごす暑いクリスマスもそれはそれでいいものです。

f:id:TPVC28-Namibia:20170101010054j:image

そんなクリスマスツリーがエントランスに飾られているホテルの屋上にはステキな空間が広がります。ストーンタウンの街並みと海が一望できるステキな場所がストーンタウン内にも何ヶ所かありますがどこもまぁ雰囲気が最高!ビールを飲んでよし!食事をしてよし!!流れるのは贅沢な時間です。

f:id:TPVC28-Namibia:20170101010354j:image

さぁ今日もストーンタウンの街を紹介していきたいと思います。本日は写真多めで!

 

f:id:TPVC28-Namibia:20170101010543j:image

とにかくアートな街ストーンタウン。見上げればアート。

f:id:TPVC28-Namibia:20170101010731j:image

見下ろせばアート。

f:id:TPVC28-Namibia:20170101011022j:image

そこにはアート。

f:id:TPVC28-Namibia:20170101011505j:image

見るもの全てがアートになるのがストーンタウンの魔法です。ずっとどこかのテーマパークにいるような気分になります。

 

f:id:TPVC28-Namibia:20170101011600j:image

街のメインストリート沿いにドーンと横長に広がるマーケット。人々の活気溢れる市場はこれまたストーンタウンの見所の一つです。

f:id:TPVC28-Namibia:20170101224319j:image

果物をはじめ新鮮な野菜が並ぶアーケード。

f:id:TPVC28-Namibia:20170101224410j:image

捌きたての肉を求めてやってくる人々。

f:id:TPVC28-Namibia:20170101224500j:image

新鮮な魚を求めてやってくる人々。

f:id:TPVC28-Namibia:20170101224630j:image

地元の人で賑わうマーケットは歩いているとこちらまで元気をもらえました。ちなみにザンジバルの有名なものの一つがこのスパイス!様々な種類のスパイスやスパイスを調合して作った紅茶などがたくさん売られています。街を歩いているとドライバーさんから「スパイスツアー」の勧誘を受けることも。スパイスの島ザンジバル。ずっと手に入れたかったガラムマサラをゲット!これでまたカレー作りがますます楽しくなりそうな予感です。

 

f:id:TPVC28-Namibia:20170101224755j:image

市場に卸された魚介類を使ったシーフード料理はザンジバルに来たら是非とも食べたいところ!大堂のエビもいいですが...

f:id:TPVC28-Namibia:20170101224843j:image

ザンジバル伝統のタコのスープもこれまた絶品!!食べたことのない味が口の中に広がり、よく煮込まれた大ぶりのタコがまぁ柔らかくてこれまた美味。今までアフリカで食べたことのないような味に出会えるのもザンジバルの魅力の一つです。

 

f:id:TPVC28-Namibia:20170101225029j:image

ということでここまではザンジバルの中心街ストーンタウンについて紹介してきましたが今日はそこから「ダラダラ」と呼ばれる地元のミニバスに乗って島の東側へ移動しました。このダラダラはそのほとんどがおそらく日本の中古車です。車体には〇〇幼稚園だとか〇〇旅館といった文字が書かれているわけですが、そんな車もザンジバルを走るとこれがアートに変わるからまぁ不思議!

f:id:TPVC28-Namibia:20170101225216j:image

ダラダラに乗ること約一時間、ザンジバル島の東側のパジェという町に到着しました。今日はここにある宿パラダイスビーチバンガローにお世話になります。

f:id:TPVC28-Namibia:20170101225339j:image

部屋の目の前に広がるのは遠浅の透き通るような青いパジェの海です。ストーンタウンとは違ったゆったりとした時間が流れるのがパジェ。ビーチ沿いのベンチに座って海を眺めていると日常のあれやこれやは頭からスーッと消えていってしまいます。これぞ本物の贅沢!

f:id:TPVC28-Namibia:20170101225532j:image

そしてこの宿はオーナーが実は日本人の方で、日本食を食べることができるのも魅力の一つ!夕飯は英語表記でその名もZUKEDONを注文。...もう感動しかありませんでした。マグロが!マグロが!!醤油に漬けられたマグロが!!!白いご飯の上に乗ってるんですよ!!!!...それが漬け丼だろと言われたらそれまでですが、これはもう奇跡のレベルに近かった。一年以上ぶりに食べる生のマグロに大興奮でペロッと美味しく完食。幸せなクリスマスイブでした!